人気ブログランキング |

音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34

<   2010年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 時は2007年、3月。田中真弓(広末涼子)の母、田中真理子(薬師丸ひろ子)の告別式。そこに平成クレジットの借金取り田島(劇団ひとり)がやって来る。お経の中、ポツリひとり座っている真弓に田島が言う台詞。
 「200万円、きっちり返して貰うよ」、悲しみの中真弓が
 「帰ってください、こんな時に」と声を震わせながら伝えるのだが、田島の次の台詞が
 「こんな時だから来たんじゃない? 香典、貰って帰るぜ」、凄すぎる。当然の如く、田島は全ての香典を持って行ってしまうのです。

p.s. この200万の借金、真弓の同棲相手だった男が作ったものらしい。真弓に押しつけ消えてしまったって事なのだ。実はこの200万円、伏線のひとつです。

by jintei_r34 | 2010-04-27 21:34 | バブルへGO

バブルへGO プロローグ

「バブルは、崩壊して初めてバブルと分かる」

アラン・グリンスパン前FRB議長

1987
安田火災海上、ゴッホの「ひまわり」を53億円で落札・購入 絵が53億ぅ?
マドンナ、マイケルジャクソン来日 円高日本に有名外タレが続々
渋谷Loftオープン
プールバーが流行り出す みんなハスラーだった
1988
日産「シーマ」発売、3ナンバー、大排気量車が売れだす ¥100/L以下だし
ソウル五輪
JR東海「クリスマス・エキスプレス」CM始まる。 初代は深津絵里さんです。
J-WAVE開局
1989
昭和から平成へ
横浜ベイブリッジ開通
幕張メッセ、オープン 
芝浦にディスコ「ゴールド」、オープン
平均株価、3万8915を記録 今の3倍以上です
1990
ティラミス、全国でブームに
「不動産融資の総量規制」←止められるか、田中真弓!
ユーミンのアルバム「天国のドア」が発売1週間で165万枚!
1991
湾岸戦争
東京ラブストーリー、放送 "カンチーっ"、毎週観てました
「ジュリアナ東京」オープン お立ち台になってからは行かなくなったのです
「SMAP」CDデビュー
by jintei_r34 | 2010-04-24 00:19 | バブルへGO
a0109476_23591690.jpg 4人がステージ上に上がって、優ちゃんは矢野くんにバレンタイン・チョコレート。矢野くんの「ありがとう」でハッピー・エンド、そして最後にお約束、優ちゃんの
 「ばーーんっ! 」、でエンドロールに入ります。

 エンドロールに流れるキャスト
♪サーフ天国、スキー天国♪

原田知世
三上博史
布施 博
高橋ひとみ
沖田浩之
原田貴和子
鳥越マリ
飛田ゆき乃
小林憲二
丹波 晶
野沢きいち
弥生みつき
相沢治夫
中 真千子
上田耕一
小坂一也
竹中直人
田中邦衛

p.s. 後日談。トヨタより提供されたGT-Four、ボロボロになったのを見て相当お怒りになられたそうです。が、映画公開よりこのセリカ、売れに売れたらしく、元を取るどころかそれ以上の利益がトヨタに転がり込むことに。

by jintei_r34 | 2010-04-23 00:03 | 私をスキーに連れてって
a0109476_2311194.jpg みゆき嬢の5枚目のオリジナルアルバム「親愛なる者へ」。リリースは1979年3月です。この頃にはオールナイトニッポンのパーソナリティにも抜擢され知名度も全国レベルに。アルバムは初のオリコン1位を獲得しています。初期のみゆき色を色濃く残しながらも、現在へと至るレールが敷かれたアルバムなんじゃないかと。
 オールナイトニッポンのパーソナリティになる前、みゆき嬢は大阪のラジオ局で番組(当然ローカルです)を持っていたのですが、当時札幌に住んでいた私は、その電波を受信するために5万円ほどするラジオを購入いたしやした・・・。
 前にも少し述べた、当時の私はギター小僧。その小僧がコピーした曲が5曲目の"根雪"です。相変わらず良いんだ、フレーズが。どなたかがYouTubeにアップしてくれているので、気が向いたら聴いてみてください。
 6曲目の"片思い"、まだまだ学生の甘ちゃんだった自分を、醒めた奴に変えてしまった(笑)曲です。これ以降暫く暗黒の時代に突入いたしやした。

 収録曲
1. 裸足で走れ
2. タクシードライバー
3. 泥海の中から
4. 信じ難いもの
5. 根雪(ねゆき)
6. 片想
7. ダイヤル117
8. 小石のように
9. 狼になりたい
10. 断崖-親愛なる者へ-

p.s. そのラジオですがナショナルです。アンテナ部分が確か左右にに90度回転するものと、普通に真上に伸びていくものとふたつ装備していました。AM・FM・SWを受信出来るもので、当時海外の放送局を受信して、その受信状況を送るとカードが貰えるとかなんとか・・・、流行ってたんだよなぁ。

by jintei_r34 | 2010-04-20 23:39 | j-pop
 「おいおい、アベックのモデルもいるじゃないか!? 」アベックなのだそうです。当時もそんな風に言ってたかどうか、言ってないような気がしてます。とにかくステージに上がられた優ちゃんと、矢野くん。その両横にヒロコさんと真理子さんという立ち位置です。
 ポケットからチョコレートを出す優ちゃん、矢野くんに渡します。中学の頃、セーターは「服代助かっちゃった」、ケーキは「食費助かっちゃった」程度のお言葉しか返せない矢野くんであったようですが、優ちゃんから貰ったチョコレートに初めて
 「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えます。その横で二人を見守る真理子さんとヒロコさんが優しく微笑んでいます。

p.s. これで来シーズンからは2組と男一人は返上、和彦さんは女性を紹介するという趣味が消え、ついでに掛けの対象も一つ減る事になりそうです。

by jintei_r34 | 2010-04-20 20:45 | 私をスキーに連れてって
 かなり引っ張った"わたスキ"も多分あと2回ほどで終了・・・、なんとか4月中には終わらせる事が出来そうです。後々、気づいた事なんかがあればUPしますけどね〜。
 で、只今何度も何度も繰り返し観ているのが"バブルへGO タイムマシンはドラム式"です。リアルタイムで遊んでたからね〜、素直に懐かしんで、笑って、あまり深く考えずに観ていられるのは、どこか"わたスキ"と同じ匂いが・・・。
a0109476_2326873.jpg この映画もキャストの妙というか、完全にツボを押さえた俳優、女優陣だと思います。今回も"わたスキ"同様、伏線がいっぱいです。そしてつい見逃してしまいそうな細かな拘りとか。この映画はまだサイトが現役で頑張っているのでそちらも合わせて観て頂ければと思います。

by jintei_r34 | 2010-04-19 23:34 | 私をスキーに連れてって
 志賀〜万座ツアーコースを走破した4人、急いで会場に走り込みますが彼らが見たものは、人っ気の無い会場・・。力が抜ける4人ですが、なにやら外が・・・、小杉君が窓から外を見てみると。
a0109476_2334864.jpg 今度は外へと向かう4人、小杉君は缶ビールを自販機で購入しています(そういえばセリカで出発前、"お預けね"って言ってましたね)。そして泉君とヒロコさんの無線でのやりとりが良いんです。
 「遊ぶな、こら〜」、少しだけ間をおいて
 「無理しやがって! 」、ヒロコさんが楽しそうに答えます。
 「着替える暇無いって、押し上げられちゃったの。私、東京帰ったら、仕事変えようかなぁ」、ここで見せるウィンクはやっぱり泉君に向かって、ですよね。
 「ばかっ! 」、この時の泉君の気持ちって、「やっぱ俺の彼女はすげーや」なんだろうなぁ。普段でもきっと"自慢の彼女"と連想させる台詞と演技です。劇中で使われる泉くんの台詞はおよそ医者、しかも外科医とは思えないような軽妙なものが多いのですが、今でもこの映画が人気なのは彼の存在が大きいと思います。

p.s. 「無理しやがって」、という台詞、それは会場の横に止めてある、真理子さんのセリカGT-Fourの姿を見ての事でしょう。私の中ではこのショットがとても好きです。
a0109476_23535744.jpg 運転席側ドアミラー破損、左ライト破損、左右フォグ破損、ルーフ、サイド凹多数。
 5時にもなると暗くなります。真理子さん右ライトのみで、走破してきたと言うことに・・やっぱすげーわ。

by jintei_r34 | 2010-04-19 00:00 | 私をスキーに連れてって
 志賀〜万座ルートもいよいよ大詰め、万座のゲレンデにたどり着きます。
 「万座の灯りだ」、小杉君がゲレンデの照明を指さして言う台詞です。間に合うのか!? とにかく最後のゲレンデを4人が一気に滑り降りていきます。
 出だしはすっげーでかいコブです。30kgのお化けかたつむりを背負いながら・・・、到底真似できません。そしてその彼らを撮っているカメラマン、すご過ぎます。
 サロット・カップに使用したポールは全て片付けられているのにゴールはまだそのまま放置されています。ま、これはお約束でしょう、4人とにかく辿り着いたよ、お疲れ様! という意味で。
 矢野君、建物の横の坂はかなり減速してターンしていました。そのあと多分「きゃー」(私にはそう聞こえる)、という声が入って、優ちゃんがこの坂を猛スピードで降りてきます。目の前は建物です。多分相当ヤバかったかもしれません。ギリ、回りきったようですが・・・。

p.s. なんとか万座に辿り着いた4人、会場に急ぎます。

by jintei_r34 | 2010-04-18 22:01 | 私をスキーに連れてって
 「ナイターもう1本いくか」、わたスキもいよいよラストスパートです。でもこのナイター、しんどいです。視界は悪いし(お化けかたつむりのライトのみ)、ほんとに寒そうだし、コースは一癖も二癖もありそうだし、気が抜けない状態です。BGMがかなり軽快なテンポで流れているのでこの時点での緊迫感はあまり無いのですが、よく見てみると簡単なコースではないのが分かります。
 優ちゃんも含め、気張っているんですがここで一番気を吐いているのは、誰であろう、カメラマンさんではないだろうか? この状況のなかファインダーを見ながら滑っている訳で・・・。実はあんた(カメラマン)は偉いっ。

p.s. コースはすり鉢状に、コブはでかいし深いし、夜だから、かなりのアイスバーンだし、カメラマン当人の足下暗いし・・・、ご苦労様です。

by jintei_r34 | 2010-04-18 21:48 | 私をスキーに連れてって
  前回同様、小杉君の台詞です。無事、矢野くんの背負うお化けかたつむりの目も、元気に点灯です。軽く矢野くんのかたつむりを叩いて
 「乗りかかった船だ、ナイターもう1本いくか! 」、キマってます。俺たちなら大丈夫、絶対行けるという思いを、サラリとナイターもう1本という言葉で全員の緊張を和らげているように聞こえます。特に優ちゃんのプレッシャーを考えると・・・。
 そう言えば年末、万座のロッジで小杉君が矢野くんに「後でナイターどうだ? 」と聞いていました。その時は矢野くん、スキーではなく、カローラⅡを走らせたんだよね〜。

p.s. いよいよ終盤、万座へ向かって3人で滑ります。コースはかなりきついです。頑張れ優ちゃん。

by jintei_r34 | 2010-04-17 00:34 | 私をスキーに連れてって