音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:Disco Nights ( 169 ) タグの人気記事

a0109476_23425021.jpg  今夜の一曲は強烈!です。このおばちゃま達、その声量ときたら、森公美子さんも "バビョーンっ" かも!?
 Weather Girls、ガールズ!? ガールズなのかどうかは置いておきましょう。最大のヒット曲(つか、これしか知らないし)は1982年にリリースした "It's Raining Men" 、邦題は "ハレルヤ・ハリケーン"・・・確かにハリケーンみたいなおばさま達だった。。
 早くからシルベスターのバックコーラスやセッションシンガーとして活動していたそうですが、この曲が大ブレイク!、Billboard-Danceチャートではお見事っ、1位を!。翌年には同Hot100に46位までランクアップしています。
 ちなみに英語で「どしゃ降りの雨」の事を "It rains cats and dogs" というのだそうです。捩ってるようだけど、男性に置き換えるとは! ・・・が、PVもマジ凄い。思いっきり降ってきます、オ・ト・コが(笑)。
 この曲がかかると、あまり踊らないシャイな子でもフロアに出てきていたし、元気が貰える曲ですね~。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-11 00:22 | 今夜の一曲

Disco Nights YMO

a0109476_22483413.jpg YMOの登場、それはそれは凄かったのです。海外で先に火がつき、その後今で言う逆輸入のような感じで日本中が大熱狂。ファッションにまで影響を与え、老若男女の知るところと。当時 「Y(ワイ)M(エム)O(オー)」とは呼ばずに "イモ" と呼ぶのが通だったような・・・。
 アルバムは1979年リリースの「SOLID STATE SURVIVOR」です。この中から初のシングルとなる "テクノポリス" 、そして2枚目の "ライディーン" は、DISCOでも連日連夜のパワープレイです。
 ソウル系(SOUL TRAIN等で放映されていた)の曲中心だったDISCOミュージックに、どどっと他ジャンルが参入してきた頃です。
 ちなみに'79年のビルボード誌年間1位はロックバンド、The Knack"マイ・シャローナ" 、4位はRod Stewart"アイム・セクシー" それ以外はほとんどソウル・ファンク系のミュージシャンのオンパレード。そりゃみんなこのゾーンに狙いを定めてくる訳です。




[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-09 23:34 | 今夜の一曲
a0109476_013246.jpg ダンサブルな曲が続いてしまいました。既にウズウズが止まらなくなっている頃かと。今回は少しクールダウンという意味ではもうピッタンコ!な曲を紹介いたします。アルバムはトランペット奏者Herb Alpertさんの1979年リリース、「RISE」です。このアルバム、今でも支持率高いようです。1979年以降、立て続けに日本ではウィスキーのCMに起用されていて、当時私もかなり耳にしていました。その火付け役ともなったアルバムタイトルと同じ "RISE" はDISCOでもクールダウンの為(逆に熱くなる二人という現象も)に使われていました。
 同じクールダウンという意味では私的にはこちらの方が思い入れもあったりするのですが・・・"Magic Man"



[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-09 00:42 | 今夜の一曲

Disco Nights ドナ・サマー

a0109476_23335785.jpg 1980年に入ってから暫くヒット曲から遠ざかっていたDonna Summerさん。"Hot Stuff""The Wanderer" から3年後の1983年、"She Works Hard For The Money" (邦題は "情熱物語" )で懐かしい歌声がホールに響きました。
 プロデューサーがMichael Omartianに変わり曲調もぐっとロックっぽくなっています(前作はクインシーおじさん、それ以前はジョルジオ・モロダーと割とdiscoアレンジ系のお方)。
 後にPV(多分ベストヒットUSAだと)をみた印象はかなり社会的なメッセージを含んだもののようでしたが、そんな事などつゆ知らずに思いっきりDanceしていた私たちなのであります。
 今改めてみると・・・「う〜ん、シングルマザーって・・・」当時も、もちろん今も言葉では表せない程大変なのだと。
 今回はそのPVバージョンで観て、聴いて・・・そして、やっぱり踊るぅ?。

 ちなみにBillboard Hot 100 のピーク・ポジションは3位です。また、オーストラリア、カナダでは2位、フランスでも4位です。意外とおもったのが東欧のスウェーデンでも5位にランク・インしています。社会保証の整った国という印象があったのですが。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-07 23:52 | 今夜の一曲

Disco Nights ブロンディ

a0109476_045508.jpg 今夜の一曲はBlondie、1979年リリースの "Heart Of Glass" です。翌年リリースの "Call Me" は全米の年間1位にも輝いた曲なので知らない人は居ない筈(と、あくまでも当時の話)。
 1976年頃のデビューらしいですが、表舞台に出てきたのはこの "Heart Of Glass" がシングルカットされてから。
 この曲が収録されたアルバム「Parallel Lines」は前年の '78年にリリースされていて、その年のうちに3枚シングルがリリースされています。
 どれもスマッシュヒットとも言えない状況だったのですが '79年、4枚目にシングルカットされた "Heart Of Glass" が大ブレイク、Billboard Hot 100、同Danceチャート共に1位!カナダ、オーストラリア、UKも1位、他のヨーロッパ各国もベスト5 に入るメガヒットとなりました。
 翌年の80年には先述の通り、 "Call Me" そして "The Tide Is High" 。次年 '81年は "Rapture" をリリース、全てヒットチャートNo.1を記録したスーパー・ユニットだったのです。
 しかし '82年、メンバーの一人が白血病に。ボーカルのデボラ・ハリーが看病に専念するということで、グループは惜しまれつつ解散することになりました。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-06 01:18 | 今夜の一曲
 今夜の一曲は、1978年ものです。でもね、すっごく良いーーーんですっ!めっちゃんこcoolです。これが今から30年も前の曲? って感じなんですが、そ〜なんです。
a0109476_0585367.jpg A Taste of Honeyは'78年、disco fever まっただ中のアメリカ(当然、日本も)にとんでもない曲を投下しちゃいます。その爆弾は アルバム「A Taste of Honey」に収録された "Boogie oogie oogie" 、私はこの曲が発表された2年後位から出入りするようになるのですが、その時でもこの曲は絶大な人気でした。
 U.S. Billboard Hot 100 、同R&B、同Danceチャートは3冠達成の1位!、大西洋を挟んでUKチャートでも3位と世界的猛威を振るいます。
 ヘイゼル・ペイン(右)のカッティングギターとジャニス・ジョンソン(左)の腰にくるリズムベースは、どんな初心者をもフロアに引きずり出すパワーを持っていました。つか、今回っても、引きずり出されます。前夜に続き今宵も、お尻、フリ、フリ〜なのです。
 今日は彼女達のパフォーマンス(グラミー賞新人賞受賞)と12インチバージョンで堪能して貰いますっ!



[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-05 01:12 | 今夜の一曲
a0109476_1252915.jpg スローナンバーが2曲続いてしまったので、今回はお尻ムズムズ、腰がクネクネしちゃいそうな(もしそうなってしまったなら、あなたは通っていた証拠です!)。
 1978年12月リリース、The Jacksonsのアルバム、「Destiny」から "Shake Your Body (Down to the Ground)" です 。
 シングルは '79年にリリースされました。当然ですがフロアでこの曲を聴くことになるんだけど、ラインダンスにバンプに、それはそれはもの凄い熱気でした。その雰囲気に完全にヤラれたというか、虜になったというか。
 Billboard-Hot100では7位まで上昇、年間チャートも25位です。The Jacksonsの代表曲とも言える曲です。

 '89年にリリースされたMichael Jacksonのソロアルバム、「Off The Wall」を、アルバイト先の先輩から借りた(実は未だに返していない)時の衝撃も凄かったのを覚えてます。
 この頃ってまだ、Discoに行ってるなんて言ったら、不良じゃない? と思われてましたからね。一般受けする少し前のDiscoは、そりゃ甘く危険な香りがいっぱいなのでした(ホント?)

[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-03 23:16 | 今夜の一曲

Disco Nights ハイ・グロス

a0109476_3193836.jpg 昨日の "Melodies of Love" に続き、秋の夜にぴったし!チーク・タイムの定番曲(こんなん選曲してると歳はもとより、何処で遊んでいたかバレてしまうか?)だったのが、Hi-Gloss"You'll Never Know" です。良いです、この曲もごっつう、ええ感じです、1981年のリリースです。
 箱によってはチーク・タイム以外でも回していたと思います。でもこのゆるい曲に身体を合わせるのって実は難しいんです。つことは・・・これでバッチリ様になっていようものなら、ええマジで目立ちます!人気者です!それこそ、チークタイムは勝利者となっている筈です。
 "Melodies of Love" と違うのは、こちらの曲はドライブしながらもOK。少し苛立っている時などはリラックス出来るし、もちろん助手席に誰かを乗せている時にはあなたのセンスの良さ!がキラりん♪、メロディと共に車内が良い〜感じになっている筈。ハードワークの後、シャワーを浴び一息つきながら聴くのも良しです。
 12インチバージョンです。ばっちり盛り上がって頂きましょう!


[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-02 23:49 | 今夜の一曲
a0109476_0551561.jpg "バブルへGO" は1990年を舞台にしていますが、更に遡ること5年、いや6〜7年。ボディコンもお立ち台もない頃の"DISCO"、夢中で踊って、仲間と喋って、時間が過ぎ、もうそろそろ閉店近く。
 みんな急に慌ただしくなるのです。今夜チークは誰と踊ろう? そんなドキドキ感もまた懐かすぃーーーっ!
 数あるチークタイム曲、DJがその都度、美味しい(謎)曲をかけてくれてたんだけど、中でも私の1番のお気に入りはこの曲でした。通っていた期間では流れた回数もいっちゃん多かったと思います。この曲だけで、多分、私が通っていたお店が分かる!・・・かも?
 今聴いても全く色褪せることのない、素敵な旋律です。Joe Sampleおじさんの "Melodies of Love" は、きっとハートに響きます。その時の心の状態でいろいろな感覚が沸き上がる筈、正に秋の夜長にぴったんこなんです!。
 収録アルバムは「Rainbow Seeker」、なんと'78年のリリースなのです。

 この曲で当時、二人、ゆらりゆらりとフロアで揺れていた訳ですよ。盛り上がらない訳がないっ!くぅ~~~っ!、行っちゃってください(何処?)


[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-01 22:56 | 今夜の一曲