音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Disco Nights ワム!

a0109476_23424541.jpg クリスマス、ラストを飾るのはやっぱりこのアーティストでございまする。
 WHAM!、アルバム 「Music from the Edge of Heaven」は1985年のリリースです。
 ですが、シングルは '84年(UK、USAでは '85年のリリース)です。両A面という形でリリースされたのは "Last Christmas""Everything She Wants" です。UKでは2曲ともチャート最高位2位なんです。ちなみにアメリカではBillboard Hot100の決まりでクリスマスソングはチャートカウントはしないのです。もう一曲の "Everything She Wants" はもちろん1位です。
 実は先日のエルビスの "Blue Christmas" と歌の内容が似ている感じです(多分・・・、私の英語読解力が未熟だったらごめんなさい)。
 去年のクリスマスと、今年のクリスマス、主人公のちょっと切ない感じを歌っています。この歌詞を上手に翻訳しているページはないものかと検索してみたのですが、残念ながら見つかりませんでした。惜しい、ってのはあったんだけどね。
 ちなみに2010年の12月23日に "Last Christmas" はupしていますが、良いんだもん、今年もupしちゃいます。昨年との違いは今年はフル・バージョン(6分強、昨年は4分強です)を。少し映像はくたびれてる気がするけど・・・

 そしてもう一曲、"Everything She Wants"


[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-25 23:54 | 今夜の一曲
a0109476_2321253.jpg 今夜の一曲はHall & Oates、1984年にリリースされたアルバム「Big Bam Boom」からチョイスです。
 このアルバムから最初にシングルカットされた "Out of Touch" はBillboard Hot 100では1位、同Hot Black Singlesは24位、同Hot Adult Contemporary Tracksは8位、同Hot Dance Club Playは1位、そして同Hot Mainstream Rock Tracksでも18位とジャンルの垣根を越えてブレイク! UKチャートにも48位と奮闘しています。
 R&Bやソウルミュージックを白人が歌う、ブルー・アイド・ソウルというジャンルで成功した二人(ワム!の二人も1stアルバムでは十二分に感じることが出来ます)、翌年の1885年にはライブエイドに出演し憧れのテンプテーションズエディ・ケンドリックスデヴィッド・ラフィンと共演を果たします。
 う~ん、この曲もバリバリ回ってました。当然ですがフロアは満員状態です。相変わらず通路でスイングする人達が・・・手に持っているグラス、零さないようにね!


 1983年には「Rock 'n' Soul: Part 1」(ベストと新曲)というアルバムをリリースしています。こちらに収録されている "Adult Education" も良い~感じです。Billboard Hot 100は8位に、同Hot Dance Club Playは21位にランクインしています。


 アルバム「Big Bam Boom」から翌年にリリースされる "Method of Modern Love" 、そして「H2O」から'83年にリリースされた "Family Man" はまた別の機会に紹介いたします。どちらも良い~~~んです!

[PR]
by jintei_R34 | 2011-11-12 23:27 | 今夜の一曲

今夜の一曲 マドンナ

a0109476_23132176.jpg 今夜の一曲は、Madonna。以前1983年リリースアルバム「Madonna」から"Holiday"を紹介しました。そして翌年にリリースしたアルバム「Like a Virgin」からは同タイトルシングル"Like a Virgin"を。
 実はその間に2曲が「Madonna」からシングルカットされています。1曲は"Lucky Star"、もう1曲は"Borderline"です。どちらのPVもなかなかの作品です。観ていて楽しいし、まだまだ初々しい頃ですね。でもやっぱりなんか違うというか、既にオーラ(?)が漂っているというか、期待せずにはいられない人でしたね。曲はやっぱりダンサブルなんです、ついリズムをとってしまうような曲にしばし浸ってしまうのでした。
 "Lucky Star"はBillboard Hot 100では4位に躍進します(前作"Holidayは16位)、そして"Borderline"は10位と確実にベスト10入りを果たしていました。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-17 23:38 | 今夜の一曲

ANRI Timely!!

a0109476_1732893.jpg 1984年、日本のアーティストに目を向けてみましょ!
 この年、杏里さん、通算6枚目のアルバム「Timely!!」をリリース。このアルバムと前後各1枚は角松敏生プロデュース。となれば当然ダンサブルなナンバーに仕上がっていくでしょ!
 冒頭"キャッツ・アイ"は角松アレンジのニューテイク、他、"ユー・アー・ノット・アローン""悲しみがとまらない"等、彼女の代表曲も収まって、当然オリコン1位になったアルバムです。
 アルバム7曲目に納められている"シャイネス・ボーイ"、しっかりしいやっ男の子! 的なキャラクターは、その後の杏里さんのアルバムにも度々登場するんだよな〜。何時の時代も女の方が上手かいな・・・。

 アルバム収録曲

1. キャッツ・アイ(ニュー・テイク)
2. ウインディ・サマー
3. ステイ・バイ・ミー
4. ア・ホープ・フロム・サッド・ストリート
5. ユー・アー・ノット・アローン
6. 悲しみがとまらない
7. シャイネス・ボーイ ※リンク貼りました
8. ロスト・ラヴ・イン・ザ・レイン
9. ドライヴィン・マイ・ラヴ
10. グッド・ナイト・フォー・ユー




[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-13 18:18 | ANRI
a0109476_20571812.jpg 今夜の一曲もめちゃ、いかしてます。One Way、1984年リリースアルバム「LADY」から紹介いたします。
 まずなんといってもB-1、"Mr. Groove"。出だしからカッティングギターが走る、走る。つられて腰がキレる、キレる。ブレイクにもノリノリなタイトル通りのグルビーなナンバーです。これで踊れないならどれで踊るんだ!?
 A-4に収録されている"Don't Stop"、う〜ん、彼らだったんですね〜。この曲は知ってたんですよ、でもタイトルとか、グループ名が分からなかった。今回、順に聴いていって判明! こういう事ってあるんですよね〜。
 それにしてもとってもタイトなナンバーです。ちょっとコツがいるかなぁ、これをスマート踊れると、絶対目立ちますね。





[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-12 21:25 | 今夜の一曲
a0109476_2384539.jpg 今夜の一曲は Mtume、1984年リリースアルバム「YOU, ME AND HE」より紹介します。Mtumeと言えば、前年リリースアルバム「Juicy Fruit 」からシングルカットされた、同タイトル"Juicy Fruit "がBillboard-R&Bで1位になっています。
 今回の「YOU, ME AND HE」、当時デジタルサウンドてんこ盛りの時代にありながら、シンプルな音作りに徹したような作品がめちゃんこクールに感じます。
 そんじゃ最初はアルバム6曲目に収録されている"Tie Me Up"、discoへ友人と行く感じから始まっています。店にはいると店内に流れる音楽が大きくなっていく・・そんな感じの出だしです。ん〜、良い感じで腰が入ってしまうナンバーでございます。



 そして4曲目に納められた"I Simply Like"、もうグイグイでございます。1984年にあってFunkyバリバリな仕上げに感涙ものの作品は、通っていたお店のもうひとつのフロアで、ガチ回っていたのでした。



 そしてオマケ、アルバム「Juicy Fruit」の3曲目に収録された"Hips"、はい「ケツ」でございます。こちらも超絶な仕上がりに、腰が肩がキレまくりです。このMtume、すっげーユニットでございます。それにしてもアルバムタイトル「YOU, ME AND HE」って要は三角関係って事ですよね〜。

[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-11 23:53 | 今夜の一曲
a0109476_21295665.jpg 今夜の一曲は知る人ぞ知る、Jocelyn Brown嬢。ただいま来日中のChaka Khanと双璧を成す、ダイナマイトボイスの持ち主です。14歳の頃から歌手活動をはじめ、聞いただけですぐ分かるピック・スター達のバックコーラスを次々とこなしていきます。
 1984年、遂にソロとして初のアルバム「Somebody Elses Guy」をリリース。いやいや、もうど真ん中です。腰も、肩も、ビンビンにキレまくりのFunkyなナンバーです。シングルカットされた同タイトルナンバー"Somebody Elses Guy"は Billboard R&Bチャート2位の快挙です。なんたって声の存在感が凄い、そして安定感、もう死角無しなお方です。これ以降は完全にソロとしての活動に入っていきます。
 '86年には"Love's Gonna Get You"がdanceチャートで1位を獲得します。




[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-10 22:10 | 今夜の一曲
a0109476_21325376.jpg 今夜の一曲は話題豊富な1枚となったJermaine Jackson氏のアルバム、「Dynamite」(1984年リリース)から選んでみます。
 まずは"Tell Me I'm Not Dreaming (Too Good To Be True)"から。弟 Michael Jacksonとのデュエット曲でBillboard-danceチャートで久々の1位に輝きます。曲の感じはマイケルの"Another Part Of Me"(キャプテンEO)に似ている感じで、ダンス心を思いっきり擽ります。実はこの曲、"Do What You Do"のB面として収録されました。その"Do What You Do"はBillboard-A/Cチャートでこれも1位になっています。
 そしてアルバム同タイトル曲、"Dynamite"。これはね〜マイケルの"Beat It"かなぁ、PVもなんとなく意識しているような感じの作りです。同R&Bチャート、8位まで上がってます。もちろん、ダンサブルで良い曲でございますが(もう1年早く出していれば・・・)。





 ラストは"Take Good Care of My Heart"(邦題:やさしくマイ・ハート) (※Duet with Whitney Houston)、そうなんです、ホイットニー・ヒューストンの記念すべきレコード・デビュー曲なのです。

 
[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-09 22:15 | 今夜の一曲

今夜の一曲 ヘイウッド

a0109476_2312728.jpg 今夜の一曲はHaywoode嬢、1984年リリースの"I can't let you go"です。これ、よ〜く回ってました。ファンク系なのですが、'84当時の打ち込み、デジタルファンク言うらしいけど、それもUK産。なるほど、米産でないのが良いのか・・・。
 ほほ〜、彼女はUKポップ・ソウルの歌姫だったようです・・・でも、ググってみるとアメリカ、UKではいまひとつのセールスに、レコード会社から放置され気味になったんだとか。なんか人気があったのはここ極東のみだったらしい。彼女のシングルを集めたCDも日本のみ発売だったそうな。凄いぞにっぽん!
 肝心の曲は・・・、ライトな仕上がりでお嬢様達もかるくステップ踏んで、ターンしてって
感じですかね。この頃になるとFunkyな方々の出番がなかなか無くなってきてたかなぁ。そんな中、この曲はちょい腰を効かせられる貴重な曲でございました。丁度過渡期なんですよね〜、この頃って。
 PVらしきものも用意しましたが、ロング・バージョン(←クリックですっ)の方が絶対良いですっ!




[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-08 23:47 | 今夜の一曲
a0109476_21231791.jpg はい、今夜の一曲はお待ちかね(誰が?)、1984年のdiscoシーンと言えばこれでしょ(いや、きっと他にもあるけど)。アルバム「I Feel for You」をリリースしたChaka Khan。同タイトルシングル"I Feel for You"がフロアを席巻いたします。
 Billboard-R&B、同Dance共に1位。同Hot-100は3位まで上昇、UKは1位、翌年のBillboard年間ランクは5位です。ど、どんだけ〜!? って位、回って回って回って〜♪ 曲はプリンス、間奏部のハーモニカはスティービー、ラッパーにはメリー・メルを迎え、バックを支えるミュージシャンもなんか凄い顔ぶれになったらしい。彼女の元にみんなが意気投合して出来た、すっごい曲なのでした。
 そんな訳で、今夜も思いっきりグルービーな曲に、身体を預けてください。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-07 21:52 | 今夜の一曲