音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Disco Nights ブリック

a0109476_713887.jpg

 最初にHi-Glossのナンバー、"You'll Never Know" (←ブログにリンクを貼りました)。この曲は以前紹介したのですが、リンク先が消滅。改めてリンクし直しました。
 秋の夜には、もうまさにぴったしっ!なナンバーです。一人で聴くも良し、二人で聴けば、更に良し(?)、じわりじわりと盛り上がってくる構成に脱帽です。

a0109476_7112885.jpg さ、今日はBrickで行きましょう。こちらもこの季節に良い感じじゃないでしょうか?
 1976年にリリースされたアルバム「Good High」、どうです、このしたり顔。いかにも「坊や、このリズムについてこられるかい?」と言いたげな表情じゃないですか!。
 このアルバムから マジぶっといFunkナンバー、"DAZZ" をチョイスです。
 うねってます!ビンビンにうねってます。腰がもうウネウネです。なんて言えば良いかなぁ・・・ちょっと腰を落とした感じでクイックイッ(強者はグイグイですね♪)、分かります?これは腰に効くでしょ!いや、マジ気持良いっ!
 このグイグイ感でBillboard R&B チャートは1位になります。そしてウネウネしながらもBillboard Hot 100 のピーク・ポジションは3位まで昇っていきました。
 この "DAZZ" という曲、のちのち、今でも、サンプリングネタとして引っ張りだこになっています。
 今でもClub通いをしているお兄様、お姉様、ご贔屓のDJにちょいと尋ねてみましょう。「BRICK、知っとるけ~?」、知らないDJは・・・いや、居ないでしょ。
 今日はもちろんロング・バージョンです。少し重心を下げて・・・腰をクイッ、クイッ、軽~くスイングです!



[PR]
by jintei_R34 | 2012-09-23 07:25 | 今夜の一曲

今夜の一曲 アバ

a0109476_23272775.jpg 今夜の一曲は1976年にリリースされたABBA"Dancing Queen" をチョイスしてみました。何故今頃?って思われるかも、ですが。
 まずは先日紹介したジョージ・マックレー"Rock Your Baby" を もう一度聴いてみましょう、特にドラムのパートをよーく聴いてみてください。はい、1分程で十分かと思います。そして今日の "Dancing Queen" です。
 「むむ~~~!」どです? お分かりでしょう? 1975年からこの曲の制作が始まった(この時点ではタイトルも決定していません)のですが、ダンサブルなセンで行こうと試行錯誤、そんな時 "Rock Your Baby" を耳にした訳です。これはいただきっ!って事で重要なリズム、ドラムパートに曲をのせていって出来たのが "Dancing Queen" だったのです。
 そしてぬわんと!初めて公式にお披露目したのがグスタフ16世(スウェーデン国王)の結婚披露宴とか!「ハーレル~ヤーっ」
 Billboard Hot 100をはじめ、世界中のチャートを総なめにしたこの曲の誕生秘話(って言うほど大袈裟ではないか)如何でしたか?


 音源の良いのを探していたら、偶然結婚披露宴のものが・・・。


[PR]
by jintei_R34 | 2011-09-16 23:31 | 今夜の一曲
 今夜の一曲は、Stevie Wonder"Isn't She Lovely?"(邦題:可愛いアイシャ)。
 1976年にリリースされたアルバム「Songs in the Key of Life」に収録されています。実はこの曲を思い出したのは、毎日見に行っているブログにEurythmicsの"There Must Be an Angel"(1985年リリース)がUPされていたからなんです。この曲の間奏部で入るハーモニカ、実はスティーヴィーが演ってくれてます。で、このハーモニカのフレーズを聴いているうちに、今日のこの曲を思い出した・・・という訳です。
 もの凄く良い曲ですが、シングルでのリリースはありませんでした。アルバムはLP2枚と、EP盤のセットで21曲収録されています(めちゃんこ豪華です)。アルバムチャートはもちろんブッチの1位、グラミー賞のアルバム・オブ・ザ・イヤーも獲ってます。
 今日の"Isn't She Lovely?"は彼の愛娘、アイシャの誕生を祝って作られた曲なのですが、歌い出しは
♪Isnt she lovely 
Isnt she wonderfull 
Isnt she precious
 「めっちゃんこ可愛いんだがや~!」と誇らしげに語りかけてきます。
途中で聞こえる赤ちゃんの声は残念ながらアイシャのものではなかったようですが。
それにしても・・・ええ曲や~。当時は(と言っても80年以降に)、その事は知っていた筈なんだけど、今ほど感慨深く聴いてはいなかったですね~。ステップ踏みながら、フロアでの探索に勤しんでいたような・・・(爆)

[PR]
by jintei_r34 | 2011-03-04 23:45 | 今夜の一曲
a0109476_2049591.jpg 月曜日、お仕事お疲れ様でした。今日用意した曲はDisco系ではない(収録曲には若干その向きも有り)です。就寝前の一時、リラックスして頂きましょっ!
 1976年にBoz Scaggsがリリースしたアルバム、「Silk Degrees」より"We're All Alone"を。
 この曲、当時の邦題が「みんなひとりぼっち」、おいおい歌を聴けば分かるだろって感じだけど暫くの期間、それが浸透してしまいました。後に「ふたりだけ」に変更され、ぬわんと結構式に歌われるまでになったのです。この180度変換的な取り上げられ方も珍しいです。
 「Silk Degrees」の収録に参加したスタジオ・ミュージシャン、意気投合してTOTOを結成したっていうのは有名なお話です。
 さて今日はバレンタインデー、東京は雪が舞っています。二人で歩いている絵柄のBGMにもぴったりんこなのです。



 Silk Degrees収録曲
1. What Can I Say
2. Georgia
3. Jump Street
4. What Do You Want The Girl To Do
5. Harbor Lights
6. Lowdown
7. It's Over
8. Love Me Tomorrow
9. Lido Shuffle
10. We're All Alone

[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-14 21:01 | 今夜の一曲
a0109476_2312051.jpg 今夜の一曲は、The Miraclesの懐かしすぎ〜る曲でいっちゃいましょう!。
 映画、「サタデー・ナイト・フィーバー」公開(アメリカ '77年、日本 '78年)の1年前、まだdiscoのdの字も知らない頃です。
 1976年リリースの "Love Machine" はBillboard-Hot100で1位、UKでも3位、またBillboard年間でも7位と、それはもう泣く子も踊るマグナムヒットとなりました。
 当然の事ですが、私がこの曲で踊るのはこれから4年弱先の事になります。
 それでも当時、この曲が回るともうフロアは熱気ムンムン、フィーバー(死語ですがあえて)でございます。
 リアルタイムで踊っていた方から、「サタデー・ナイト・フィーバー」以降、目覚めた人までみんなで腰をクイッと入れてました。
 ※クイッな感じ、リンクしておきました


[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-06 23:44 | 今夜の一曲