音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:松任谷由実 ( 16 ) タグの人気記事

松任谷由実 春よ、来い

a0109476_22403488.jpg ここ二日の強風と雨で桜も散ってしまったのかなぁと思いながら、日曜日に近くの公園へ行ってみました。
 いや頑張ってくれてたんですね~。若干散ってはいるものの、まだまだ見頃なのでした。
 未だに余震が続いて緊張が解けずにいる毎日ですが、ほんの少しだけ安らげた一時でした。持って行ったi-podからタイミング良く、ユーミン"春よ、来い"(ユーミンのPVのサイトにリンクしてます。左上から三番目です)が流れてきました。な~んか涙腺が緩んでしまったのは歳のせいだけではないんだよね。


a0109476_22425154.jpg

a0109476_2243314.jpg

a0109476_2244209.jpg

a0109476_224513100.jpg

a0109476_22453976.jpg

a0109476_22463740.jpg そしてもうひとつ、ユーミンの「INTO THE DANCING SUN ツアー」の様子を収めたDVDからラストに歌われた"春よ、来い"、こちらもリンクを貼っておきましょう(こちらはリンク切れになるかも)。

[PR]
by jintei_r34 | 2011-04-11 22:52 | ユーミン

松任谷由実 REINCARNATION

a0109476_074825.jpg 1983年2月リリース、ユーミン14枚目のオリジナルアルバム「REINCARNATION」です。
 前作「PEARL PIERCE」の勢いそのままに、"輪廻転生"という世界観が更に広がったアルバムです。いつもの事ですが、全曲外れ無しです。ダッシュボードには絶対入っていたし、家でも聴きまくっていた気がします
 一曲目のアルバムタイトルと同タイトル曲でいきなり首根っこを掴まれ、次の"オールマイティー"でグサっ(笑)っと何かが突き刺さります。続く3曲目"NIGHT WALKER"はミディアム・ナンバー、ハートに突き刺さった何かが更にえぐるように(汗)・・。
 このアルバムの中でドライブ向き(もちろん全曲、アクセル踏めちゃうけど)なのが4曲目の"星空の誘惑"、これは高速、行っちゃって〜♪なのです。
「想い出は流れ去るランプ
うそでいい 好きだと云って
そっと重ねた冷たい手を
私ずっと大事にするわ」
 一人でドライブするにはもったいない曲です。ぜひ、お隣に意中の方を(こんな事だから、何かが突き刺さるのか?)。

 その後の曲に、癒されながら車を走らせる事になるのですが、聞き終わると何故か無性に彼女に電話したくなるのでした(当時の話ですよ)。いや、ほんと凄いアルバムなのです。

 収録曲
・REINCARNATION
・オールマイティー
・NIGHT WALKER
・星空の誘惑
・川景色
・ESPER
・心のまま
・ずっとそばに
・ハートはもうつぶやかない
・経る時


[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-09 01:10 | ユーミン

松任谷由実 天国のドア

a0109476_23361298.jpg 1990年11月リリース、ユーミン22枚目のオリジナルアルバム「天国のドア」は前作「LOVE WARS」を凌ぐヒット作に。発売から1ヶ月足らずで200万枚を突破、この一作で第5回日本ゴールドディスク大賞アーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞してしまう程(ちなみに一作品だけでゴールドディスク大賞のアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、今日現在ではユーミンただ一人ということらしい)。
 詩の内容は今までとは違って(とはいえ、やっぱりユーミンはユーミンなんです)、スケールの大きさ、深さを感じさせるもの、難解な詩も見受けられるのだけれど、そこはそれ、心地よい曲調が全てをオブラートしてくれているので、安心して聴いていられます。
 聴く度にその深みに填る、美味しい1枚です。私的にはその中にあって"軽い"と思われる「Man In the Moon」という曲、
♪めぐりめぐるチャンスから
ひとりひとり脱け出してく
かないかなうかなえれば
ふかしだって本当になる♪という歌詞がもの凄く気に入ってます。この年の苗プリのCM曲に使用されてました。

 収録曲
1. Miss BROADCAST
2. 時はかげろう
3. A(エース)はここにある
4. 満月のフォーチュン
5. Glory Birdland
6. ホタルと流れ星
7. Man In the Moon
8. 残暑
9. 天国のドア
10. SAVE OUR SHIP

[PR]
by jintei_r34 | 2010-05-01 00:23 | ユーミン

松任谷由実 LOVE WARS

a0109476_015526.jpg 1989年11月、ユーミン21枚目のオリジナルアルバムがリリースされます。このアルバムはもうそりゃパーフェクトでしょ! 翌'90年には自身2枚目のミリオンセラー獲得作品となり、年間アルバム売り上げ第1位にランクインし、第32回日本レコード大賞ポップス・ロック部門優秀アルバム賞を受賞します。アルバム収録曲は映画、ドラマに多数使われ、"届かないセレナーデ "は'89-'90の苗プリのCMソングに採用。この頃から関越自動車道は驚異の渋滞をみせるようになりました。
 収録曲全てに共通しているのは"ポジティブな女性像"。失恋も含めて、とにかく前向きに、過去の自分と決別して突き進む女性の姿が描かれています。全演奏時間は44分程度ですが、聴き応え充分、ズシーンと心に響きます。家で聴くも良し、ドライブしながら聴くも良し、ゲレンデで、ビーチで、一人で、友達と、恋人と。シーンの数だけ、思い出が増えること間違いなしです。

 収録曲
・Valentine's RADIO
・WANDERERS
 ♪きみのために替えたタイヤと心は 試せなくなったけど♪って
 きっとユーミンにしか書けないと思う。コンサートでは定番になってる曲
・LOVE WARS
 ♪いつか本気だったあの瞳を イメージして♪ そうなんです、イメージする事が
 大事なのです。シャングリラⅡでのLOVE WARSは最高でした。
・心ほどいて
 サビの♪私のうそをみんなひきうけて あなた 離れてゆくの♪ が切なく響くんです
・Up townは灯ともし頃
 ビリー・ジョエル氏の"Up Town Girl"と対になる曲です。
・トランキライザー
・ホームワーク
・届かないセレナーデ
 ♪またとないまたいつか あるなら教えて♪ サビに使っても良いくらいのフレーズ。
 でもさらりと歌詞の中に入っているのが凄いです。
・Good-bye Goes by
・ANNIVERSARY

p.s. 日本中がユーミンカラーに染まっていた1990年。その年の3月、2007年の未来から真弓がバブル崩壊を食い止めるためにやって来た(タイムマシンはドラム式)。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-04-16 00:54 | ユーミン
a0109476_23515935.jpg バブルも目前の1988年11月の終わり、ユーミン20枚目のオリジナルアルバム"Delight Slight Light KISS"がリリースされます。「わた好き」公開の翌年、スキー人口は一気に増殖をはじめます。三菱の"パジェロ"、"デリカ"、トヨタの"ハイラックス・サーフ"が飛ぶ鳥落とす勢いで売れていきます。とにかく"3"ナンバー車が何の抵抗もなく売れる時代に突入です。
 スキー場に向かう車のダッシュボードには多分、いや確実にユーミンの"カセット"が入っていたはず。この年リリースされた"Delight Slight Light KISS"にはノリの良い冬の情景を歌った曲はないのだけど、1曲目の"リフレインが叫んでる"はユーミンの代表曲とも言える曲になったし、"Home Townへようこそ""恋は No-return""September Blue Moon"は軽快で運転していても楽しく聞いていられる曲(睡魔に負けそうな時にも、いや友人と運転交代しましょう)だし。少し皆が静かになった時、深夜には"Nobody Else""とこしえにGood Night(夜明けの色)""吹雪の中を"が運転の疲れを癒してくれそうです(だから早く交代しなさいって)。
 翌年の1989年、年間売り上げのNo.1アルバムになってたんだね〜。実はその年の暮れにリリースされた、"LOVE WARS"の印象の方が強いかなぁ・・・個人的には。

 収録曲
・リフレインが叫んでる
・Nobody Else
・ふってあげる
・誕生日おめでとう
・Home Townへようこそ
・とこしえにGood Night(夜明けの色)
・恋は No-return
・幸せはあなたへの復讐
・吹雪の中を
・September Blue Moon

[PR]
by jintei_r34 | 2010-03-26 00:32 | ユーミン
a0109476_23522590.jpg 1987年11月、ユーミン19枚目のオリジナルアルバムがリリースされます。時同じくして"私をスキーに連れてって"封切りしています。このアルバムからは映画に使われた楽曲はありません(当然と言えば当然か)。
 前回"PEARL PIERCE"はベストスリーに入りますと書いたけれど、これも入れちゃおう!  この年以降、スキーに行く時には絶対ユーミンのカセット(だから当時はカセットだせぃ!)を持って行かないと始まらなかった。別にそれでベストスリーに入れた訳ではなく、PEARL PIERCE同様、今でも普通に聞いているので。
 i-podに入れ、CDに焼き付けて車に入れ、家ではCDを聞きながらブログを。1曲目の"月曜日のロボット"は月曜日の出勤時にi-podで聞きながらだし、9曲目のLATE SUMMER LAKE"を聞けば、相模湖まで飛ばしたくなるし(汗)、"SATURDAY NIGHT ZOMBIES"を聞けばクラブに行きたくなるし、4曲目の"SWEET DREAMS"は「・・・引き延ばすのは、私の方♪」にグっときます。それにこれはコンサートで聞いてもやっぱり"ううっ"っと・・・。 最後"霧雨で見えない"は麗美さんに提供した曲ですが、ユーミンが歌うとまた違う感じがしてgood! と書き出したらキリが無いくらいです。

 収録曲
1. 月曜日のロボット
2. ダイアモンドダストが消えぬまに
3. 思い出に間にあいたくて
4. SWEET DREAMS
5. TUXEDO RAIN
6. SATURADAY NIGHT ZOMBIES
7. 続 ガールフレンズ
8. ダイアモンドの街角
9. LATE SUMMER LAKE
10. 霧雨で見えない

p.s. 因みにタイトルの「ダイヤモンドダスト」って、シャンパングラスの泡のことなんだって!、気象現象のダイヤモンドダストのことじゃないらしい。知ってた? つい最近知った・・・。

[PR]
by Jintei_r34 | 2010-03-18 00:36 | ユーミン

REIMY 麗美

 アルバム"NO SIDE"で少し触れたREIMYさん、今は所属レコード会社が無いようなので歌手としての活動は休止中のようです。
 そのREIMYさんですが、デビューは1984年1月です。アルバムも同月"REIMY"をリリースしています。ユーミン色の強い(当然と言えば当然ですが)曲を当時19才の彼女が澄んだ声で伸び伸びと歌い上げていて、好感が持てます。1stアルバムに提供したのち、ユーミン自身のアルバムに収録した曲は"ノーサイド""霧雨で見えない"の2曲です。
 同じように2ndアルバム"R" (同年9月リリース)からは"恋の一時間は孤独の千年""残暑""CARRY ON""青春のリグレット"の4曲があります。
 3rdアルバム"PANCY"からは無いようですが、1曲目の"Time Travelers"からユーミンサウンドが炸裂しています。本当にキレイな声で、伸びがあって、当時ユーミン同様、カセットテープにダビング、すり切れるくらいドライブしながら聞いていました。この3枚のアルバム、最近再生産されたようです。明日にでもCDショップ覗いてきます。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-03-07 23:03 | ユーミン

松任谷由実 SURF&SNOW

a0109476_2344787.jpg 1980年12月、ユーミン10枚目のオリジナルアルバムです。"私をスキーに連れてって"では"サーフ天国、スキー天国"が冒頭とエンディングに使われています。また"恋人がサンタクロース"、"雪だより(インストルメンタル)"も挿入歌として使われています。
 収録曲
・彼から手をひいて
・灼けたアイドル
・人魚になりたい
・まぶしい草野球
・ワゴンに乗ってでかけよう
・恋人がサンタクロース
・シーズン・オフの心には
・サーフ天国、スキー天国
・恋人と来ないで
・雪だより

1曲目は猪突猛進、恋せよ乙女!的な内容、2曲目は夜通し騒いでいた若い時期から次第に大人になっていく寂しさと、若い気持ちを持ち続けていたいという内容、超有名になった曲の影に隠れていますが、詩も曲も良い〜んです。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-03-06 00:12 | ユーミン

松任谷由実 NO SIDE

a0109476_23451125.jpg 1984年12月リリース、ユーミン16枚目のオリジナルアルバムです。"私をスキーに連れてって"でセリカ爆走、優ちゃん暴走、矢野くん猛追のシーンで使われている"BLIZZARD"が収録されています。このアルバムも"PEARL PIERCE"同様、全曲文句なしに良いです。
 高層ビルの間を縫うようにドライブしたり、夜の首都高を横浜に向かってクルージングしている時に聴くと雰囲気最高です。家の中で聴くのも良いけれど、ユーミンの曲は外の景色と合うんですよね〜。
 アルバムの2曲目、"ノーサイド"はReimy(麗美)さんへの提供曲でした。Reimyさんは松任谷正隆・由実夫妻のバックアップによりデビュー、声も澄んでいて、とても素敵なシンガーです(現在は活動休止中なのかなぁ)。
 NO SIDEの収録曲です
・SALAAM MOUSSON SALAAM AFRIQUE
・ノーサイド
・DOWNTOWN BOY
・BLIZZARD
・一緒に暮らそう
・破れた恋の繕し方教えます
・午前4時の電話
・木枯らしのダイアリー
・SHANGRIAをめざせ
・~ノーサイド・夏~ 空耳のホイッスル

 4曲目、"BLIZZARD"の後、普通なら中だるみ、油断しそうなんだけど、そこはほら、ユーミンは違うのです。特に"破れた恋の繕し方教えます"、"午前4時の電話"は麻薬のように脳を刺激し続けます。このアルバムも車に是非1枚、iPodにも入れて持ち歩いて頂きたいっ!

[PR]
by jintei_r34 | 2010-03-01 00:49 | ユーミン

昨晩お会いしましょう

a0109476_236817.jpg 1981年11月、ユーミン12枚目のオリジナルアルバム、"昨晩お会いしましょう"。矢野くんが5時間かけて・・というシーンの時に取りあげたのですが、もう一度改めて。そのシーンで使われるのはアルバムラストの"A HAPPY NEW YEAR"、♪今年も最初に会う人があなたであるように・・・♪という歌詞が泣けます。この曲を聴いていれば、5時間どころか10時間だって走って行けると思うのです。
 アルバム4曲目、"夕闇をひとり"はリフも良いけど、2番目の歌詞がとても切なげで惹かれます。この曲と"LATE SUMMER LAKE"は対極にあるような詩の内容なんだけど、どちらも文句無しでアクセルを踏めますっ。
・タワー・サイド・メモリー
・街角のペシミスト
・ビュッフェにて
・夕闇をひとり
・守ってあげたい
・カンナ8号線
・手のひらの東京タワー
・グレイス・スリックの肖像
・グループ
・A HAPPY NEW YEAR
 "カンナ8号線"は"DESTINY"と同じ雰囲気(曲も詩も)、ユーミンの王道って感じ。"タワー・サイド・メモリー"、"街角のペシミスト"、"グレイス・スリックの肖像"もグレイトです。
p.s. ジャケットの女性はユーミン本人ではないとの事

[PR]
by jintei_r34 | 2010-02-28 03:39 | ユーミン