音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:今夜の一曲 ( 7 ) タグの人気記事

a0109476_20511867.jpg 今日は・・・めちゃんこ遡って1966年、The Mamas & the Papasがリリースしたアルバム「If You Can Believe Your Eyes and Ears」から "California Dreamin'" をupしてみましょう。
 ん~、これ聴いた気がしています。ただママス&パパスだったのかが分かりかねるのですが・・・。お店に通うようになったのは1979年以降なので、もしかすると他のアーティストがカヴァーしていたのかもしれません(実際調べてみるとかなりの数のアーティストやDJが出しているみたい)。でもこの声のような気がします。
 この曲の収録時間は2分と41秒、12インチを検索したのですが見つかりません。オリジナルで踊るにはあまりに短すぎるし・・・。
 ちなみにこの曲は先行シングル(デビューシングル)として前年の11月にリリースされています。全米4位、UKチャート23位、そしてアルバムチャートBillboard 200では、1位という快挙だったようです。


 この曲で踊ったって人・・・いるかなぁ。何か知っている事があれば教えてください m(_ _)m

[PR]
by jintei_R34 | 2011-11-12 20:53 | 今夜の一曲
a0109476_0414867.jpg "Sunshine on My Shoulders"(邦題:太陽を背にうけて)は、1974年、JOHN DENVERの作品です。もともとシングルのB面に収められていたのでした(曲自体は1971年にリリースされたアルバム「Poems, Prayers & Promises」に収録されています)。でも気がつけばBillboard Hot 100では9週もの間、1位を走り続ける事に!
 当時、私は小学生(高学年)だったと思います。何かのCMに使われたのか、記憶が定かではないのですが、とにかくTVで流れたこの曲に衝撃を受けたんだと思います。中学に入るやすぐにフォーク・ギターを購入(進学祝いで買って頂きました)、今みたいに楽譜もなかったのでとにかく音を頼りにコピーしていました。
 クラスメートがベイシティ・ローラーズエアロスミスクィーンに夢中になる中、何故かJohn Denverでしたね。でも、絶対歌詞が良いし、メロディーも最高っ、橋の下でよく練習していたものです。

 震災から1週間程たった今日、思わず口ずさんだ曲がこれだったのです・・・。



 "Sunshine On My Shoulders"

Sunshine on my shoulders makes me happy
Sunshine in my eyes can make me cry
Sunshine on the water looks so lovely 
Sunshine almost always makes me high

If I had a day that I could give you
I’d give to you a day just like today  
If I had a song I could sing for you 
I’d sing a song to make you feel this way 

Sunshine on my shoulders makes me happy 
Sunshine in my eyes can make me cry  
Sunshine on the water looks so lovely 
Sunshine almost always makes me high 

If I had a tale that I could tell you   
I’d tell a tale sure to make you smile   
If I had a wish that I could wish for you  
I’d make a wish for sunshine all the while  

Sunshine on my shoulders makes me happy  
Sunshine in my eyes can make me cry   
Sunshine on the water looks so lovely 
Sunshine almost always makes me high 

Sunshine almost all the time makes me high 
Sunshine almost always


[PR]
by jintei_r34 | 2011-03-21 00:48 | 今夜の一曲
a0109476_23253025.jpg 今夜の一曲は以前、1981年リリースで紹介したCon Funk Shun。その時、一緒に紹介したかった曲、"California 1"です。
 その時は隅から隅まで探したんだけど、見つからなかった。シングルカットもされず、ヒット・チャートにも顔を見せないような曲だし、取り上げられる事もなかったんでしょうね。
 でも、ここ日本では割と人気があったように思えます。私もCon Funk Shunの中で最も好きな曲だし、disco系コンピアルバムでも取り上げているものもあります。曲も日本人向きな気もするし、当時通っていた方なら、絶対聞き覚えのある曲だと思います。
 で改めて検索してみると・・・あ〜るじゃありませんか!? なんとupは四日前 ! ありがたや、ありがたや。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-08 23:35 | 今夜の一曲
 今夜の一曲はビング・クロスビー(Bing Crosby)氏の"レット・イット・スノー(Let It Snow)"をお届けします。この曲は映画、「ダイ・ハード」のエンディングでも使われていていましたね(歌手はヴォーン・モンローさん)。
 さ、来週でいよいよ今年も終わりです。病気や怪我などしないように気をつけてお過ごし下さい。終わりよければ全て良し、元気で新年を迎えましょう!

[PR]
by jintei_r34 | 2010-12-25 22:00 | 今夜の一曲
a0109476_2331522.jpg 今夜の一曲はMichael Jacksonさんが2001年にリリースしたアルバム「Invincible」に納められている"The Lost Children"を。
 X'mas特集、という訳ではないのですが心に沁みる一曲だと確信しています。今日は日テレ系で"THIS IS IT"も放映でしたね。私としては興奮冷めやらぬ、というところですが、このようなメッセージ・ソングもまたマイケルの真骨頂だと思います。
 映像は曲と、マイケルのクリスマス・メッセージが入っているものですが、ごらんになるまえにこちら「マイケルの遺した言葉/マイケル・ジャクソン氏の歌詞の日本語訳詞集」という同じexblogに投稿されている大西恒樹さんのページを一読してください。マイケルの歌に託した思いが、クリスマス・メッセージが痛いほど分かると思います。

 この曲を聴いていて、何故かJohn Lennon氏の"Happy X’mas ~ War is over"が浮かんできました。



 Merry Christmas to You!

[PR]
by jintei_r34 | 2010-12-25 00:05 | MICHAEL JACKSON
a0109476_23323074.jpg 今夜の一曲は、一曲なのか? 1984年に公開、瞬く間にブレイクダンスを世界中に、そのダンススタイルを広めた映画「Breakin'」(邦題:ブレイクダンス)が公開されました。いやもうそりゃ、み〜んな熱中してましたね。フロアでも当然踊る奴が現れるのですが、いかんせんスペースが・・・、土曜の夜はさすがに厳しい。仲間内でなんとかラインを作ってスペースを確保せないかんのです。なので平日や、割と早い時間にやってました。
 この映画の中でライバル役にポッピン・タコという方が出演しているのですが、この方、当時のマイケルの振り付けを担当してた人らしいです。
 またこの頃から、広場や公園にでかいラジカセ持ち込んでブレイクダンスをする人達を見かけるようになりましたね。で、きっちり踊れる人は案の定、モテてました
 今日の一曲は劇中で使用された曲と、有名なダンスシーン(ターボのお掃除シーン)を。ダンスシーンに使用されている曲はHot Streak"Body Work"です。



 Soundtrack
Track listing
"Breakin'... There's No Stopping Us" by Ollie & Jerry – 4:34
"Freakshow on the Dance Floor" by Bar-Kays – 4:42
"Body Work" by Hot Streak – 4:22
"99 ½" by Carol Lynn Townes – 4:02
"Showdown" by Ollie & Jerry – 3:57
"Heart of the Beat" by 3V – 4:18
"Street People" by Fire Fox – Music by (Ollie & Jerry) 3:23
"Cut It" by Re-Flex – 3:11
"Ain't Nobody" by Chaka Khan – 4:45
"Reckless" by Ice T – 3:57

 いやいや見応えのあるシーンが検索できます、つかDVD借りた方が早いかも!

[PR]
by jintei_r34 | 2010-12-12 23:58 | 今夜の一曲

竹内まりや VARIETY

a0109476_2352283.jpg 山下達郎さんのアルバム"For You"より2年、1984年リリースの"VARIETY"は休業宣言より3年が経過してのアルバムです。前作同様、作詞・作曲を依頼して制作の予定だったらしいのですが、休業中に書きためた作品のクオリティーの高さに、達郎さんは全曲オリジナルで行こうと決めたそうです。
 1曲目の「もう一度」は、まりやさんもベタ褒めのアレンジ。「音圧があって、コーラスアレンジをさせたら、彼の右に出る者は居ません」と言われるとおり、3年間のブランク等、微塵も感じさせないという旦那様の強い気持ちが伝わってくるようです。
 "For You"同様、まりやさんの"VARIETY"もダビングして車でよく聴きました。2曲目の"PLASTIC LOVE"が良いなぁ、歌詞も曲もドライブ向きです。特に雨なんか降っているともう最高なんです。

 収録曲
1. もう一度
2. プラスティック・ラブ
3. 本気でオンリーユー(Let’s Get Married)
4. One Night Stand
5. Broken Heart
6. アンフィシアターの夜
7. とどかぬ想い
8. マージービートで唄わせて
9. 水とあなたと太陽と
10. ふたりはステディ
11. シェットランドに頬をうずめて

[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-07 00:19 | j-pop