音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:ビージーズ ( 2 ) タグの人気記事

今夜の一曲 ビージーズ

a0109476_1374442.jpg ちょーひっさしぶりの更新です。ええ、今まで他の所で書いていたんですが、こっちに復活しちゃおうかなぁ、とか思っている訳です。
 で、やっぱり更新するならね、これですよ、これ!
 1977年冬、遂に映画「Saturday Night Fever」(日本は翌年)キターーー(゜∀゜)ーーーー!!!! 。
 アメリカでは映画公開の約1ヶ月前にサントラ盤がリリースされています。そしてこのアルバムよりも更に1ヶ月早く先行リリースとなったのが "How Deep Is Your Love" (邦題:愛はきらめきの中に)、もちろん歌っているのはBee Gees
 この曲も甘~~~いんです。秋の夜にこりゃ二人で聴いてください、って思ってしまうのです。
 3人のコーラスの絶妙な事っ!そりゃ距離も近くなるってもんです。この熱気に(Feverってくらいだし)押され、Billboard Hot 100、1位とbest10圏内に17週間居座るというちょーロングヒット、同A/Cチャートでは6週間もの間、1位の座を独占しています。
 先行シングルが、テーマ曲ではなく、挿入歌できたというのも凄い事だと思っていたのに、その曲がこ~んなに大ブレイクとは誰が想像したでしょう?
 この映画の威力なのか、はたまた、愛に飢えたアメリカ(実はUKチャートも1位)人達の為せた技だったのか・・・大いに悩むところです。
 とはいえ、曲は間違いなく、良いーーーんですっ!歌詞もメロメロでございます、はい。

 このアルバムからは既に "Night Fever" (←過去ブログにリンクを貼っています)を紹介しています。ジョン・トラボルタが若いっ!

[PR]
by jintei_R34 | 2012-09-20 02:00 | 今夜の一曲

Disco Nights ビージーズ

a0109476_22275516.jpg 今夜の一曲は、このジャケットで十分でしょう。この映画が無かったら、discoデビューはずっと遅れていた(デビューすらなかったかも)と思います。
 公開は1977年、日本では '78年の夏頃だった筈です。この時点ではそれほど気乗りもしていなかったのですが、ちょっとした事があって・・・(内緒です)、観に行ってしまった訳です。
 いや、もう衝撃でした(もちろん当時の事)。やくざ映画を観た後、肩をいがらせて歩くお兄さんと同じように、友人達とリズムをとりながら歩いてたし(汗)。
 この映画のサウンド・トラックには70年代を代表するdiscoナンバーがばっちり収録されています。映画「Saturday Night Fever」の中で聴けるThe Bee Geesのナンバーは "You Should Be Dancing" ('76年)、"Stayin' Alive" ('78年)、そして紹介する "Night Fever" ('78年)です。
 他にスローなナンバーも数曲入ってます。もうどの曲を紹介しても、キマリなんだけどね〜。後は検索して聴いてください、当時を懐かしみつつ。

 くぅーーーっ!、ジョン・トラボルタ、若いっ!!!

 「サタデー・ナイト・フィーバー 」サウンド・トラック 収録曲
1. ステイン・アライヴ/ビー・ジーズ
2. 愛はきらめきの中に/ビー・ジーズ
3. 恋のナイト・フィーバー/ビー・ジーズ
4. モア・ザン・ア・ウーマン/ビー・ジーズ
5. アイ・キャント・ハヴ・ユー/イヴォンヌ・エリマン
6. 運命’76/ウォルター・マーフィー
7. モア・ザン・ア・ウーマン/TAVARES
8. マンハッタン・スカイライン/デヴィッド・シャイアー
9. カリプソ・ブレイクダウン/ラルフ・マクドナルド
10. 禿山の一夜/デヴィッド・シャイアー
11. 開けゴマ/クール&ザ・ギャング
12. ジャイヴ・トーキン/ビージーズ
13. ユー・シュッド・ビー・ダンシング/ビージーズ
14. ブギー・シューズ/K.C.アンド・サンシャイン・バンド
15. サルセイション/デヴィッド・シャイアー
16. 噂の女ケイジー/M.F.S.B.
17. ディスコ・インフェルノ/トランプス

 
[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-21 23:08 | 今夜の一曲