音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
a0109476_9531777.jpg ちぇいーーーっ!、今日もですっ、1979年、足を踏み入れた頃にギンギラギンに回っていた曲をやっちゃいます。
 つか、これ紹介してなかったのが不思議な位なんだけど・・・。
 Brothers Johnsonが1978年にリリースしたアルバム「Blam!」からいっちゃいましょう、"Ain't We Funkin' Now"
 アルバムはQuincyおじさんのプロデュースです。で、この出会いが元(多分)で、バリバリスラップ奏法(当時はチョッパーと言っていたのだ!)のLouis Johnson(弟)はMichael Jacksonのアルバム「Off The Wall」「Thriller」に参加してしまうのでした。
 アルバム「Blam!」はさすがQuincyおじさんって感じで全米アルバムチャート(Billboard 200)では7位にまで、そして同R&Bチャートは1位に輝いているんですっ!
 当時は当然そんな事は全く気にもしていない訳なんですが、いやいやマジでFunkyなお兄様、お姉様のかっちょええーー事っ!少しずつですが、そゆ踊りに惹かれていったのでございます。


[PR]
# by jintei_R34 | 2013-03-17 09:59 | 今夜の一曲
a0109476_23101816.jpg 今日は1979年、disco通いがはじまった頃にリリースされたEarth, Wind & Fireのアルバム、「I Am」(邦題:黙示録)よりちぇけらっ!
 以前このアルバムから、文句無しのマンモスメガヒットの "Boogie wonderland" を紹介しています(何はなくともこれはっ!って曲ですよね)。
 この曲の次にシングルカットされたのが "After the Love Has Gone" で、実はこの曲の方がBillboard Hotチャートは良かったんです!
 R&Bチャートは同じ2位だったのですが、Hot 100では "Boogie〜" のピーク・ポジションは6位、"After the〜" はくわっぱ!、2位まで上がっていきました。
 はい、この曲はdiscoでなくてもいろ〜んな場所で耳にしたし、今でもTV番組で使われていたりと、そりゃめちゃんこおそぎゃーな曲でございます。
 くうーーーっ!やっぱりええ曲やぁ。
 さぁ、そしてもう一曲、 "In the Stone " です。良いーーーんです、これも! "Boogie wonderland" 同様、思いっきりスイング出来ます。初参戦の子達の背中をそっと押してくれそうな曲ですよね。
 うんうん、基本Earth, Wind & Fireの曲って、誰でも気負い無く踊る事の出来る、めちゃ嬉しいしあがりでございます(これ以前のアルバムはちと手強い曲もあるんですけどね)。
 今宵も軽〜く、スイングしちゃいましょっ!

[PR]
# by jintei_R34 | 2013-03-02 23:39 | 今夜の一曲

Disco Nights ファルコ

a0109476_0195558.jpg 今日は1985年にリリースされたFalcoのアルバム、「Falco 3」より、彼の最大のブレイクナンバーを紹介いたしましょう。
 "Rock Me Amadeus" 、そりゃ世界規模で大ブレイクいたします。オーストリア出身なのですが、アメリカBillboard Hot 100で1位に。ドイツ語圏でのこの偉業は初めてだったそうです。非英語圏を含めても史上4人目なんだって(坂本九さんの "スキヤキ" がこれに該当してる筈)。
 世界規模って言うくらいですからヨーロッパ各国をはじめ、カナダ、オーストラリア、日本、南アフリカ、悉く1位になっています。
 '96年にはドミニカに移住していますが、2年後の '98年に不慮の事故で他界しています。彼のプロフィール等を読んでいると、ちょっとだけ寂しくなりました。かなり繊細な方だったと思われるフシが・・・。もすこし気楽に(そうも行かないか・・・)生きられたなら、まだまだ健在だったと思います。
 この曲、はい、当時はかなりヘビロテで回っていましたね~。決して忘れていた訳ではないのですが、タイミングを逃してしまい、今日になってしまいました。

 実はこのFalcoについては過去にAfter the Fire"Der Kommissar" (邦題:秘密警察)を紹介したときにチラッと触れてたんですよね〜。それからすっかり忘れていましすた・・・。
 それでは彼らの原曲となったFalcoの "Der Kommissar" も聴いちゃいましょう!



[PR]
# by jintei_R34 | 2013-02-08 00:39 | 今夜の一曲
 今夜の一曲はGeorge Duke、1982年にリリースしたアルバム「Dream On」、その冒頭を飾る "Shine On" をちぇけらっ!
 以前に1983年リリースアルバム「Guardian Of The Light」を紹介していますが、discoフリークにはやはり、この曲でキマりでしょう!
 はい、当時連日連夜のパワー・プレイでした。常連さんはもちろん、たまに行ってた人でも、この曲の洗礼は受けている筈です。ここ、極東のdiscoを熱〜くさせた一曲です。これでフロアに出てこないヤツは居ないっ、という位人気の曲でございます。
 George Duke、本来はジャズ・ピアニストなのですが '70年以降、クインシーおじさんのグループに参加しちゃったもんだから '80年代はFunkyな路線を突っ走ってしまいます。結果的には良しっ! だったのかも。未だ健在でプレイし続けております。
 そしてもう一曲、前年にStanley Clarke & George Dukeとして、アルバム「Clarke Duke Project」をリリースしていて、こちらは思いっきり、ジャズ・フュージョン系なのですが、シングルリリースされた "Sweet Baby" はタイトル通り、甘~~~い、ナンバーでございます。チークタイムではなかったけれど、お姉様達が緩めにスイング出来て、尚かつ狼少年達は声をかけやすい曲なのでございました。
 この曲で仲良くなれないと、今晩のチークは抜きっ! という曲のイメージとは真逆な、とっても残酷な結果が待ち受けるのでありました・・・(お~、怖っ)。


[PR]
# by jintei_R34 | 2013-01-09 23:27 | 今夜の一曲
a0109476_428742.jpg 今日は1981年にDuran Duranがリリースしたアルバム、「Duran Duran」(デビューアルバム、まんま、です)から3曲をちぇけらっ!
 って今更ですか〜のDuran Duranなんだけど・・・、以前2ndアルバム「Rio」に収録された "Hungry Like The Wolf" を紹介した時、ちょこっと触れていました。その時はリンクを貼った程度で、今回のブログ更新と合わせ、その部分は削除しています。
 最初はデビューシングルにもなる "Planet Earth" なんですが、今考えると不思議なんですよ。この曲、アメリカでは全くの不発です(芽が出るのは '83年に入ってから)。自国イギリス、UKチャートでも12位がビーク・ポジション・・・、それがここ日本でめっちゃんこウケる訳です。
 確かにMTV受けしたロックバンドって事なのですが、きっとレコード会社の宣伝マンが強力に売り込んだのかもしれません。
 結果、テクノ系の支持をえて、毎日パワー・プレイされてました。いや、まじ、凄かったですよ。あと、ボーカルのサイモン・ル・ボン、イケメン君ですからね~、女性の人気もあったような気がします。テクノ系の人たちのダンスって、そりゃ激しかったのです。一曲で汗、ダラダラ~って・・・、お疲れ様ですっ!

 さて同アルバムから2枚目のシングルカットは "Careless Memories" です。またまたテクノ系お兄様、お姉様を脱水症状へと誘う激しいナンバーでございます。

 最後に紹介するのは同アルバムからシングル・カットされた "Girls on Film" (邦題:グラビアの美少女)、後の "The Reflex" に通じるような曲です。これで少し息を整え、曲が終わったと同時に彼らはロッカーへと走り込むのです。もちろん、着替えと、お化粧直しです。ん〜テクノ系のお兄様、お姉様は大変なのでした。

 むむっ!?、このPVだけなんか、なんだかなぁ〜と思えるのは私だけか!?
 

[PR]
# by jintei_R34 | 2013-01-06 04:53 | 今夜の一曲