音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 今夜の一曲はGeorge Duke、1982年にリリースしたアルバム「Dream On」、その冒頭を飾る "Shine On" をちぇけらっ!
 以前に1983年リリースアルバム「Guardian Of The Light」を紹介していますが、discoフリークにはやはり、この曲でキマりでしょう!
 はい、当時連日連夜のパワー・プレイでした。常連さんはもちろん、たまに行ってた人でも、この曲の洗礼は受けている筈です。ここ、極東のdiscoを熱〜くさせた一曲です。これでフロアに出てこないヤツは居ないっ、という位人気の曲でございます。
 George Duke、本来はジャズ・ピアニストなのですが '70年以降、クインシーおじさんのグループに参加しちゃったもんだから '80年代はFunkyな路線を突っ走ってしまいます。結果的には良しっ! だったのかも。未だ健在でプレイし続けております。
 そしてもう一曲、前年にStanley Clarke & George Dukeとして、アルバム「Clarke Duke Project」をリリースしていて、こちらは思いっきり、ジャズ・フュージョン系なのですが、シングルリリースされた "Sweet Baby" はタイトル通り、甘~~~い、ナンバーでございます。チークタイムではなかったけれど、お姉様達が緩めにスイング出来て、尚かつ狼少年達は声をかけやすい曲なのでございました。
 この曲で仲良くなれないと、今晩のチークは抜きっ! という曲のイメージとは真逆な、とっても残酷な結果が待ち受けるのでありました・・・(お~、怖っ)。


[PR]
by jintei_R34 | 2013-01-09 23:27 | 今夜の一曲
a0109476_428742.jpg 今日は1981年にDuran Duranがリリースしたアルバム、「Duran Duran」(デビューアルバム、まんま、です)から3曲をちぇけらっ!
 って今更ですか〜のDuran Duranなんだけど・・・、以前2ndアルバム「Rio」に収録された "Hungry Like The Wolf" を紹介した時、ちょこっと触れていました。その時はリンクを貼った程度で、今回のブログ更新と合わせ、その部分は削除しています。
 最初はデビューシングルにもなる "Planet Earth" なんですが、今考えると不思議なんですよ。この曲、アメリカでは全くの不発です(芽が出るのは '83年に入ってから)。自国イギリス、UKチャートでも12位がビーク・ポジション・・・、それがここ日本でめっちゃんこウケる訳です。
 確かにMTV受けしたロックバンドって事なのですが、きっとレコード会社の宣伝マンが強力に売り込んだのかもしれません。
 結果、テクノ系の支持をえて、毎日パワー・プレイされてました。いや、まじ、凄かったですよ。あと、ボーカルのサイモン・ル・ボン、イケメン君ですからね~、女性の人気もあったような気がします。テクノ系の人たちのダンスって、そりゃ激しかったのです。一曲で汗、ダラダラ~って・・・、お疲れ様ですっ!

 さて同アルバムから2枚目のシングルカットは "Careless Memories" です。またまたテクノ系お兄様、お姉様を脱水症状へと誘う激しいナンバーでございます。

 最後に紹介するのは同アルバムからシングル・カットされた "Girls on Film" (邦題:グラビアの美少女)、後の "The Reflex" に通じるような曲です。これで少し息を整え、曲が終わったと同時に彼らはロッカーへと走り込むのです。もちろん、着替えと、お化粧直しです。ん〜テクノ系のお兄様、お姉様は大変なのでした。

 むむっ!?、このPVだけなんか、なんだかなぁ〜と思えるのは私だけか!?
 

[PR]
by jintei_R34 | 2013-01-06 04:53 | 今夜の一曲

Disco Nights ウィスパーズ

a0109476_248076.jpg 今夜のDisco Nights、紹介するのはThe Whispers。結成は1964年!、ってこれを読んでる人、ほとんどがまだ生まれていないでしょ?、でなおかつまだ現役な訳(メンバーの入れ替わりはあります)です・・・すげっ。
 これだけキャリアが長いと当然ヒット曲も各年代ごとにあったりするのです。1980年にリリースされたアルバム「The Whispers」からは "And The Beat Goes On" がヒット、Billboard R&B部門では3月の週(5週連続)、全て1位という快挙です。個人的には翌 '81年のシングル "It's A Love Thing" が好きです。
 さっ、曲ですが、これ位のリズムって上手(常連さん)、下手(新人さん)の差が出やすいんですよね~。簡単なようで、実は小技が必要なのです。
 ビデオの出だし、いきなり腰が切れてる女性、 良いっす、素敵っす!、アングルが変わって後ろ姿、隣の方との比較が出来てしまいます。
 後はザ・ウィスパーズのステップなんかが70年代後半っぼくて懐かすいっ。あんな感じでラインダンスしてたなぁ。みんなでステップやフリを考えたりすんのが楽しかった。

 おし、きっちり腰のキレをチェックしたら次は12インチバージョンで思いっきりFever(ふるっ!)っすぅーーーっ!


[PR]
by jintei_R34 | 2013-01-04 03:00 | 今夜の一曲

Disco Nights シャラマー

a0109476_4591372.jpg 明けましておめでとうございます。night walker、これからも、やんわりじんわりupしていきますので、よろしくですぅ029.gif
 新年一発目はShalamarで参ります。実はもう一カ所でブログをupしていて、そこではおいらの一押しアーティストとして紹介しているグループなのです。
 Shalamarというより、Jody Watleyのファン、というのが正解っ!ですが・・・。
 Shalamarの1stアルバムは左ジャケット、「Uptown Festival」(1977年リリース)なんだけど、これはセッションシンガーで作られています。このアルバムと、収録曲 "Uptown Festival" (シングルリリース)がブレイクしたことでプロデューサーが急遽、メンバーを探した訳です。
 見いだされたのはSOUL TRAINで頭角を表していたJeffrey Daniel、Jody Watley、そして短い期間だったけれどGerald Brownが加入していよいよ始動!
a0109476_5211455.jpg このメンバーでの最初のアルバムが、翌年リリースされた「Disco Gardens」です。
 このアルバムからはシングルが1枚リリースされる事に。 "Take That to the Bank" 、Billboard Hot 100 は79位がピーク・ポジション( "Uptown Festival" は25位)ともうひとつ波に乗り切れなかった感が・・・。それでもPVは3曲、YouTubeで確認出来ていて、周りの期待が大きかった事が分かります。
 ちなみにBillboard 200 というアルバムチャートでは「Uptown Festival」は48位、「Disco Gardens」は171位でした。
 実はこのアルバムからソーラーレコードと契約していて、このレーベルがブレイクするのはもう少し先の事でした。
 ですがっ!良いーーーんです、このアルバムっ!とーぜんシングルリリースされた "Take That to the Bank" 、用意いたしました。
 アルバム収録時間は6分14秒ですがPVバージョンは多分、シングル用(3分30秒程)なのかも・・・。

 はいはい、Jody、めちゃんこかわゆす〜〜〜。ダンスも良いーーーんですっ!。曲だって良い仕上がりです。当時はきっちり回っていたんじゃないのかなぁ・・・、12インチバージョンが用意されていたみたいだし。この頃の事を知っている人がいると嬉すぃんだけど・・・。

アルバム「Disco Gardens」 収録曲

Side One
"Tossing, Turning and Swinging" 5:47
"Shalamar Disco Gardens" 3:44
"Take That to the Bank" 6:14

Side Two
"Stay Close to Love" 3:49
"Leave It All Up to Love" 3:46
"Lovely Lady" 5:36
"Cindy, Cindy" 2:56


 

[PR]
by jintei_R34 | 2013-01-02 06:13 | 今夜の一曲