音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

a0109476_229114.jpg 今年最後の今夜の一曲はAlyson WILLIAMSのめちゃんこクールなナンバーでキメましょう。
 1989年にリリースしたアルバム「Raw」より "Sleep Talk" をちぇけらっ!
 Alysonってどこかで聞いたような・・・、そんな人が居たらそりゃめちゃんこDisco通です。私も暫く忘れていました。
 過去、HIGH FASHION"Feelin' Lucky Lately" ( '82年リリース)を紹介したときに少〜し触れていたんですよ。
 2年近くすっかり記憶からトンでました・・・(恥)。HIGH FASHION時代は残念ながらブレイクしなかったのですが、解散後ソロへと。このソロ1stアルバムがなかなかやっちゃいます。
 まずはアルバム、Billboard R&Bアルバムチャートに25位!、UKアルバムチャートは29位という、スマッシュヒット!
 そしてシングル "Sleep Talk" はBillboard R&B、そしてDanceチャートで3位というブレイクぶり!、勢いは海を渡りUKチャートでも17位までランクを上げています。
 さ、あれこれ言うよりもまずはPV、観ちゃいましょ!

 かっちょええーーーっ!、ささっ、いい感じでステップ踏んでたあなたっ!、お次は12インチです。思いっきり踊り納めしちゃいましょっ!


 

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-31 22:30 | 今夜の一曲

Disco Nights シック

a0109476_23273663.jpg Chic、キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!、っちゅう訳で1982年にリリースしたアルバム、「Tongue in Chic」より "Hangin'" で思いっきりスイングしちゃいましょう!
 以前 "Good Times" を紹介しましたが、 "Hangin'" がモロど真ん中、リアルタイムでした。出だしイントロ部のカッティング・ギターは間違いなしのナイル・ロジャース。discoフリークなら誰が聴いてもChicサウンドと分かってしまいます。
 個人的にはChicサウンドの中で、ダントツこれが一番好きです。セールス的には翳りが見えていた頃なんですよね~。1979年まではどれも1桁台にランクインしていた彼らですが、50位以内に入ることさえ難しくなっていました。ちなみにこの曲はBillboard popチャートで48位、UKは64位に留まりました。
 ここ極東のdiscoフロアではかなり強力に回っていた気もするのですが、地域や、お店によっては温度差があったのかもしれません。なんにせよ、やっぱり、腰に響く、良い~曲であることには間違いないのです。う~ん、来週また行って来ようかな~・・・。
 まずはPVでございます。出てくるデカラジカセが懐かしい~

 そして12インチバージョンも聴いてみましょ!う~ん、腰がムズムズしちゃうでしょっ?

 くぅーーーっ!、この年の瀬に、腰をこんなに降って良いんですか?・・・良いーーーんですっ!

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-29 23:39 | 今夜の一曲

Disco Nights ワム!

a0109476_23424541.jpg クリスマス、ラストを飾るのはやっぱりこのアーティストでございまする。
 WHAM!、アルバム 「Music from the Edge of Heaven」は1985年のリリースです。
 ですが、シングルは '84年(UK、USAでは '85年のリリース)です。両A面という形でリリースされたのは "Last Christmas""Everything She Wants" です。UKでは2曲ともチャート最高位2位なんです。ちなみにアメリカではBillboard Hot100の決まりでクリスマスソングはチャートカウントはしないのです。もう一曲の "Everything She Wants" はもちろん1位です。
 実は先日のエルビスの "Blue Christmas" と歌の内容が似ている感じです(多分・・・、私の英語読解力が未熟だったらごめんなさい)。
 去年のクリスマスと、今年のクリスマス、主人公のちょっと切ない感じを歌っています。この歌詞を上手に翻訳しているページはないものかと検索してみたのですが、残念ながら見つかりませんでした。惜しい、ってのはあったんだけどね。
 ちなみに2010年の12月23日に "Last Christmas" はupしていますが、良いんだもん、今年もupしちゃいます。昨年との違いは今年はフル・バージョン(6分強、昨年は4分強です)を。少し映像はくたびれてる気がするけど・・・

 そしてもう一曲、"Everything She Wants"


[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-25 23:54 | 今夜の一曲

SMAP Song of X'smap

a0109476_23411148.jpg イブですね〜、静かな時間が流れています。
 今日は2004年のクリスマスに放映されたSMAPの特別番組、「X'smap~虎とライオンと五人の男~」でエンディングに流れた "Song of X'smap" 、聴いてみましょうか?
 詩が良いですね~、彼等らしい!、作詞は麻生哲朗さん(他に "Dear WOMAN" )です。
 「誰かに愛されながら僕らは生まれ
 誰かを愛するために僕らは生きてく♪」


 当時はCD化はなく着うた・着メロ配信のみだったようです。
 この曲は家族で、友達同士で、カラオケでも使えそう(多分配信されてるよね?)! とにかくhappyに、そして元気になれる曲です。

 トップバッターは中居くん!、良〜い感じです。そして木村君、きっちり繋げてくれています、さすが!


[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-24 23:51 | 今夜の一曲
a0109476_23392128.jpg 今日は1945年にリリースされた "Let It Snow" を紹介、と言ってもこれもX'masの定番中の定番曲なので、それほど説明することもありませんね。
 作詞はサミュエル・カーン、作曲はジュール・スタインという方々。この曲も著名なエンターティナー達が歌っていますが、やはりビング・クロスビーのバージョンが耳に馴染んでいると思います。他にはフランク・シナトラアンディ・ウィリアムスディーン・マーチンと錚々たる顔ぶれです。
 この曲、X'masの文字は出てきませんが、この時期の曲として親しまれてます。近年(1988年公開)映画「ダイ・ハード」では効果的に使われていて、殊更X'masシーズンにぴったんこになってしまいました。
 この映画ではVaughn Monroeバージョンが使われています。今回は彼のバージョンでいってみましょう。詩の内容がまだ付き合い始めて日の浅い二人の関係が歌われています、くーーーっ!



Let It Snow!
Oh, the weather outside is frightful,
But the fire is so delightful,
And since we've no place to go,
Let it snow, let it snow, let it snow.

It doesn't show signs of stopping,
And I brought some corn for popping;
The lights are turned way down low,
Let it snow, let it snow, let it snow.

When we finally say good night,
How I'll hate going out in the storm;
But if you really hold me tight,
All the way home I'll be warm.

The fire is slowly dying,
And, my dear, we're still good-bye-ing,
But as long as you love me so.
Let it snow, let it snow, let it snow.




[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-23 23:47 | 今夜の一曲
a0109476_23393228.jpg 今日は懐かす〜い曲でいっちゃいます!
 Elvis Presley、もうR50(いや、R60か?)の範疇になってしまいそうです。
 確かね~、彼がハワイで行ったコンサート「アロハ・フロム・ハワイ」(1973年)の衛星中継を幼少の頃、父親と一緒に観た記憶があります。でも内容は殆ど(まるっきり)覚えていません(多分始まって間もなく寝てしまったのかも)。
 有名所では、"Heartbreak Hotel""Hound Dog""Love Me Tender""Jailhouse Rock" 、でしようか?(エルビスファンの皆様、すいません。この程度しか曲名が・・)
 彼もまた例外に洩れずにクリスマスアルバムをリリースしています。その中から今日は "Blue Christmas"(1964年リリース) を用意いたしました。詩の内容はちょっと暗い感じで、(多分1年前に、一緒にクリスマスを過ごした彼女は、)今年は(別の人と)楽しく過ごしている筈・・・。僕はブルーな気分さ、「Blue、Blue、Blue Christmas♪」と歌っています。ちょっと切ないナンバーですね(うぐっ・・・)

 そしてやっぱりこれでしょ! "Jailhouse Rock" (邦題:監獄ロック)、1954年リリースです。



[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-22 23:49 | 今夜の一曲
a0109476_22511933.jpg 一昨日の杏里さんに続いて女性アーティスト、竹内まりやさんです。
 彼女の通算10枚目のオリジナルアルバム「Denim」(2007年リリース)、そのラストを飾るのが "クリスマスは一緒に" を今日は選びました。
 知る人ぞ、知る!って感じでしょうか? 度々紹介するまりやさんですが、なんたって声(歌唱法)が最高です! 癖のないって言えば良いのか、ストレートに届いてきます。旦那様、顔負けです!(あ、顔のことは置いておきましょう)。
 カラオケでこんな風に歌われた日には、おいらいっぺんにフォーリンラブです(あ、これも置いておきましょう)。
 先日の牧瀬里穂さんのCMバージョン、あの情景にうまく合っている感じの詩の内容と、もう完璧な旦那様アレンジにのってまりやさんの声が響く響く!
 ちょっと遠距離している方々は一気に気分をあげちゃって下さい。

 そしてもう一曲、9枚目のオリジナルアルバム「Bon Appetit!」から、シングルでは "カムフラージュ" とともにリリースされた "Winter Lovers"(←リンク貼っています)、はいこの曲もね、良いんだな。
 クリスマスに彼が帰ってくる、そしてクリスマスが終わったら帰っていくところまでを歌い上げています。もう正にあのCMじゃん! 頑張れ 遠距離Lovers!

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-21 23:03 | j-pop
a0109476_22384819.jpg 今日は "Satchmo" こと、Louis Armstrongさんのバージョンで "White Christmas" 他2曲でいきましょう。
 この曲と言えばまず思い出すのがBing Crosbyさん、そして名だたるスターに歌い継がれてきています。知ってるだけでも、Frank SinatraPerry ComoElvis PresleyAndy WilliamsSmokey RobinsonThe SupremesDean MartinBarbra Streisand(ここまで1970年以前)、The Partridge Familyとまぁ、R50世代では洋楽に詳しくなくても聞き覚えるある名前ばかり!
 今回のサッチモおじさん、実はBing Crosby、Frank Sinatraと映画で共演もしています。彼等と同様、第2次世界大戦では慰問公演も行ったいるのですが、当時のアメリカって思いっきり人種差別があって、公演先では他の白人ミュージシャンとは同じホテルには泊まれず、また公演会場の入り口さえも別にされるという差別をうけた苦労人です。
 そんな経験をしながらも1967年には "What a Wonderful World" (邦題:この素晴らしき世界)を発表。世界的なヒットを飛ばすのでした(一部の黒人からは、白人に寄り添ったヤツ(ゴマすり)と陰口を叩かれるようにもなったそうな)。

 でも誰がなんと言おうと彼が一度ペットを吹けば、観衆はその音色に魅了されたのです!

 アルバムの冒頭を飾る "Christmas In New Orleans" です

 こんなタイトルの曲も "Christmas Night In Harlem" ん~、気持ちよくスイング出来そうです!

 ちなみにこの「What a Wonderful Christmas」というアルバム、リリースは1953年らしい。

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-20 22:54 | 今夜の一曲

杏里 SUMMER CANDLES

a0109476_2314623.jpg 今日は1988年、杏里さんがリリースしたアルバム「BOOGIE WOOGIE MAINLAND」から選びました。
  "SUMMER CANDLES" 、タイトル的には夏なんだけど、良いじゃないですか!いよいよ今週末に迫ったX'mas(はい、22日からそれゃカレンダー的にはX'masでしょ!)、私達の世代にはグッときてしまうナンバーです。
 この年、杏里さんもめでたくゴールインしているし、結婚式では定番の曲になっていました。
 当時はTVドラマに使われたり、CMにも使われたりで、よく耳にした曲です。オリコンでも16位、コンサートでも必ず歌ってくれる名曲になりましたね。
 そしてもう一曲、 "スノーフレイクの街角" はこの年の年末にシングルでのリリース(オリジナルアルバム未収録)。ハッピーではないけれど、これもありだと思います。みんながみんな、ハッピーじゃないかもしれないし(ドキっ)、ちょっとだけ(そそ、ほんの少し)感傷に浸りたい時はこれ位のメロディーが丁度良い筈。
 突き落とされ過ぎず、でもほど良くブルーな感じで過ごせそうで、これもX'mas時期にはお薦めの一曲かも?・・・です。


 そして今日のおまけ(?)、いやこのアルバムでは最高の輝きを放つ名曲です(私はそう思ってます!)。"最後のサーフホリデー" です


[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-19 23:24 | j-pop

牧瀬里穂 Miracle Love

a0109476_22115321.jpg 昨日の斉藤由貴さんに続いて可愛いといやぁ、この人もめちゃんこかわゆすーーーっ!、でした。
 JR東海が牧瀬里穂さんを起用して1989年に制作したCM(X'mas EXPRESS '89)、もう、この時期これしかないでしょ?って感じです。
 前年からスタート(HOME-TOWN EXPRESS)したこのCMシリーズは初代は深津絵里さんでした。このときホームの影から現れる彼がムーン・ウォークで、というのも好きだったけれど、何と言ってもこのCMは牧瀬さんでキマリっ、男性諸氏はほとんどノック・ダウンだった筈です。
 今日はその時の牧瀬さん、そして '91年のデビューシングル "Miracle Love" をご用意いたしました。
 この曲は竹内まりやさんの作詞・作曲です。これがまた牧瀬さんにぴったんこなんです(編曲の方の腕も凄いと思われ)。
 当時はPVの存在は知らなかったのですが、作っていたんですね。このPVについては賛否両論もあるかと思いますが、それは彼女の可愛さに免じてスルー致しましょう!、クリスマスソングとは言えないけれどリリースが年末近くなので、ミラクルな時間を二人で過ごすなんて、良いでしょ!?




[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-18 22:20 | j-pop