音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 イタリアのバンド(エンジニア集団?)、Clubhouseが1983年にリリースした"Do It Again (Medley With Billie Jean)"なんですが、まずはSteely Dan"Do It Again"を聴いてみましょう(全部聴くも良し、半分位でもOK)。はい、良い曲でしょっ! この曲はな~んと! 1972年のリリースなんです。アルバム「Can't Buy a Thrill」からシングルカットされました。多分、多分ですが、1980年に入ってからもフロアで聴いた気がします。
 Steely Danって!?・・・そです、1982年で紹介したDonald Fagenっ! が在籍していたユニットです。道理でね~。
 さ、十分良い曲だっちゅうのを理解したところで、Clubhouse、いってみましょうか


 どうでしたか? 凄い事になってます。コード進行が"Billie Jean"と同じだったんで重ねてみたぞって事なんですね。ただ重ねるだけでなくしっかりdiscoチューンされてます。間奏部には"Billie Jean"、女性のコーラスをのっけて良い感じです。
 気がつけば Billboard Hot 100では75位にランクインしました。確か同R&Bチャートはもう少しだけ上、でも50位には届かなかった筈。とりあえず、ヒットしたって事でしょう。確かにフロアで何度も聴きました。う~ん、良いでしょ!?

[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-30 00:55 | 今夜の一曲
a0109476_20494378.jpg 1983年に大ブレイクです。スクラッチという言葉が一般に普及していったのはこの曲からかなぁ。それにしてもこの曲、ノンジャンル系、ブラコン系の箱を問わず、思いっきり回っていました。ブレイクダンスもこのあたりから一気に盛り上がってきましたね。
 さ、前置きはこれ位にして曲の方を。Herbie Hancockが1983年にリリースしたアルバム「Future Shock」より、"Rockit"をピックアップです。Herbieさん、ジャズ畑ですーっとやってこられた方なんですが、1970年後半位からfunk、fusionにもアプローチしていて、danceチャートにも曲名が上がっているものもありました。ん~、踊った記憶はありません。
 そして今回の"Rockit"、Billboard Hot 100は74位に留まるものの、同danceチャートは1位、UKチャート8位、ヨーロッパ諸国も軒並みベスト10入りという、大モテぶりです。この後、dance系ミュージックにはこのスクラッチ音が、頻繁に使われる事となりました。

 この曲を最初に聴いたのはもちろん、フロアでなんだけど、店内に設置してあるモニターや、ベストヒットUSAで観たPVがこれ。これでは全く演奏している所が分かりましぇ~ん


 そして次はグラミー賞での様子。出だしのスクラッチ、しっかり映ってます。ダンサーもビシっとキメてますね。はい、しっかりブレイクダンスなんです。このキュッ、キュッと兄さん、その名をGrandMixer DXTと申します。DJやってる人で知らない人は・・・・いませんね。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-18 20:53 | 今夜の一曲

今夜の一曲 SOSバンド

a0109476_2375214.jpg 1983年に入ると昨日のEarth, Wind & Fireのように、アレンジを思い切って変えてくるグループは多かったんです(本人達の思惑というより、レコード会社の圧力もあった筈)。そんな中、割と我が道を行くみたいなグループもありました。もちろん音的には流行りだしたシンセサウンドなんかも取り入れていますが。
 今日紹介するのはThe SOS Band、そです、1980年にリリースされた"Take Your Time (Do It Right)"にすっかりハマッてお店に通い出したという、あのグループでございます。
 1983年にリリースしたアルバム、「On the Rise」から"Just Be Good to Me"を選んでみました。この曲は回りました、なんたってこうゆう腰に効く曲が少なくなってきていましたから、私の屯していたホールではパワー・プレイです。み~んな腰や肩を効かして踊ってました。
 アメリカでもUK勢がチャートを賑わせていた中、この曲は大健闘です。Billboard Hot 100は55位がピークだったものの、同R&Bチャートは2位、そして同danceチャートは3位と大ブレイクでした。
 この曲、後々多くのアーティストにカヴァーされるようになります。

 まずはライブでの模様です。音は良くないかも


 次はアルバム・バージョン、メロディラインがよ~分かります。良い~曲だぁ


 1980年、懐かしの "Take Your Time (Do It Right)" です


[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-15 02:45 | 今夜の一曲
a0109476_462468.jpg 今回は誰もが知っているアメリカのジャズ・コーラスグループ、と言えば大方予想がつくThe Manhattan Transferって、えっ? まだ紹介していなかった? って感じの"Twilight Zone/Twilight Tone"
 そうなんです、チェックしていたら、どうやらまだでした。な~んか、まだまだ見落としている曲がたくさんありそうです。
 1979年にリリースされたアルバム「Extensions」に収録され、翌年にシングルカットされました。元はTV番組「Twilight Zone」のテーマ曲、それに歌詞をのせdiscoサウンドにアレンジ。これが見事にハマりBillboard's Discoチャート、12位、そして同Hot-100には30位と見事にヒット。グループの認知度が一気に広まっていきます。
 はい、この曲も当時、よ~く回っていました。コンピアルバムにも取り上げられているし、度々CMでも起用されていて、馴染みのある曲です。
 このグループを知ったのは、この曲で、という事になるんだけど、翌年にシングルリリースされる"The Boy from New York City""Route 66"あたりも好きです(あっ、この2曲はフロアで聴くことは出来ません)。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-08 04:10 | 今夜の一曲

今夜の一曲 ジャーニー

a0109476_0273468.jpg 今夜の1曲はJourney。1980年にリリースしたアルバム、「Departure」に収録されている"Any Way You Want It"です。
 "Any Way You Want It"、アルバムと同年の'80年にシングルカットされ、 Billboard Hot 100に、23位までランクをあげていました。シングルは12インチ盤もリリースされ、多分これが当時回っていたんだと思います。アップしたのはノーマルの長さですね。
 ん〜、この曲にまつわる記憶はないけれど、ノンジャンル系フロアでは回っていたように思います。過日行ったDIANAでも回っていたので、間違いはないでしょう。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-07 00:35 | 今夜の一曲
a0109476_22531812.jpg 1982年は絶大だったブラコンパワーに翳りが見え始め、変わってボーイズタウンギャング「君の瞳に恋してる」に代表されるNEW WAVEがフロアを席巻し始めた年でした。このブログでも既にABC、WHAM!、Daryl Hall & John Oates、Culture Club、Duran Duran等を取り上げていますが、今日はA Flock of Seagulls"I Ran (Go Far Away)"をピック・アップしました。
 彼等のデビューアルバム「A Flock of Seagulls」(1982年リリース)の冒頭1曲目に収録され、シングルカットされるとBillboard-Hot100には9位にランクイン(本国UKチャートは43位止まり)、海を渡りここ極東の地のフロアでは、かなり強力に回っていたようです。
 ハイエナジー全盛の幕開けがもうすぐ、というところに来ていたんですね。確かに私の通っていたお店の二つあるフロア、ブラコンメインに回していた方でも、前述したアーティストの曲が頻繁に回るようになっていました。



 当時discoなんぞにゃ行ってねえって方でもこちらの曲はもしかすると聞き覚えがあるかも? 当時、と言っても1984年頃ですが、SONYのCMに使われていた曲で"The Story of a Young Heart"。例えばウォーク・マンとか、特にMTVを観ていた方なら分かるようです。確かメインスポンサーがソニーさんだった筈(地方局は分からないけど、うん私は当時、地方都市でした)。ちなみに私は、ベストヒットUSA派でございました。

[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-04 22:58 | 今夜の一曲
a0109476_1918756.jpg 新潟(柏崎)まで日帰りの旅(旅とは言わないな、これ)、無事に帰還です。勿論無事故、無違反(?)。ゴールドは続くよ何処までも~♪ 関越道を走るときはやっぱりユーミンに限ると言いつつ、今日は眠気も吹っ飛ぶ、超クールなナンバーを選んでみました。
 FIREFLY、1981年('80年かも?)リリースのナンバー、"Love (is Gonna Be On Our Side)"です。どうですか、このイントロ!? 思わずアクセル踏んじゃうでしょ! でもって一緒に叫んじゃうでしょ"LO~VE♪"、そして肩を揺らしながらドライビン~~~グっ(ほんとに無違反なんだろうか?)ヴォーカルもくぅ~~~っ、コーラスの入れ方もぐぅ~っ♪ CHICもばびょ~んな出来上がりです。4分ちょい前からのカッティング・ギター、そしてベース、ストローク・タッチのピアノ、ん~~~っパーフェクトっ! あとは・・・あとは、ミラー・ボールだぁっ



 あいにく天候は曇り、所により雨・・・でした。国定忠治の「赤城の山も~」曇ってよう見えんです。そうそう、桜がね、ここから新潟まで、いたる所で咲いていました。 赤城高原PA
a0109476_19223075.jpg

 越後川口PAから望む信濃川(で良かったのかな?)、やっぱり曇っていて、しかも霧・・・。
a0109476_19233613.jpg

 日本海到着っ、向こうに見えるのってもしかして佐渡ですか!?
a0109476_19243551.jpg

 確かに道路沿いにサーフショップはあったけれど・・・少し角度を変えて見ると
a0109476_19253115.jpg

 角度変えてみました~、ま、まだ雪あるやん!? 凄いぜ越後のサーファー! ん〜5月なんだよなぁ、今年は雪が多かったんですね。
a0109476_192685.jpg



[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-03 19:29 | 今夜の一曲
a0109476_214892.jpg KISSQueenときたら後はこのバンドを紹介しないと! 学祭ではこの3つのバンドを競って演っました。
 今日選んだのはAerosmith"Walk This Way"、ソフトバンクのCMにも使われ、知らない人はいませんね。この曲、なんと1975年にリリースされたアルバム「Toys in the Attic」(邦題:闇夜のヘヴィ・ロック)に収録されました。どんだけ前だって事なんだけど、今聴いていても全く色褪せない、超イカした曲ですよね。
 "Walk This Way"は同年に2枚目のシングルとしてリリース、じわりじわりとチャートを上り、'77年の1月にBillboard-Hot100、10位にランクイン、同年間チャートも90位に入り、第1期黄金期の代表曲となりました。また、'86年にはRun-D.M.C.にカヴァーされ、Billboard-Hot100では4位までジャンプ・アップしています(この時期から第2期黄金期がはじまります)。
 discoでは・・・多分ノンジャンル系では回したDJは居る筈です。ノリやすいもんね。KISS、Queenを回したDJなら絶対Aerosmithも有りですっ! もちろん'86年以降のRun-D.M.C.版は頻繁にいや、強力に回しています。



Run-D.M.C.版はクリックですっ!

[PR]
by jintei_r34 | 2011-05-01 02:17 | 今夜の一曲