音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2011年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 今夜の一曲は、Donald Fagen。知る人ぞ、知る・・・というか、曲を聴けば誰でも「この曲、知ってる〜」というすんごいお方です。
 彼が1982年にリリースしたアルバム「The Nightfly」から冒頭を飾る"I.G.Y."を。う〜ん、ファンキーでもなく、ユーロでもなく、ジャズ? ロック? いやいや違うでしょ。当時で言うクロス・オーバーな感じ。リラックスして踊れた一曲でござります。
 ちょっとググるとこの方、レコーディング技術うんぬんなブログが引っかかってくるので、そういうの好きな人は読んでみてください。
 僕らは気持ちよくスイング出来ればもうそれでOKなのです。そしてもう一曲、 "New Frontier"。この曲は後にJamiroquaiに影響を与えているんじゃないかと思えてしまうほど洗練された曲です。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-28 22:54 | 今夜の一曲

今夜の一曲 サバイバー

a0109476_23482341.jpg 今夜の一曲は、Survivorの3枚目にあたるオリジナルアルバム、「Eye of the Tiger」から同タイトル曲"Eye of the Tiger" を。
 この曲は映画、「ロッキーⅢ」のタイトル曲なった事で、知らない人は居ないでしょ? って位、ラジオでもよく流れていたし、TV番組でも使われてたりしてました。今でも耳にすることがありますね。
 当然の事ながら本国では、Billboard-Hot100にはぶっちぎりの1位、年間ランクも2位、UKでも3位。そしてグラミー賞最優秀ロック・グループに選出されるという快挙です。
 そんな話題沸騰の曲ですから、当然お店でも回る、回るぅ〜のです。ステップも踏みやすいし、なにより耳に馴染んでますから、フロアに人がなだれ込んできます。そりゃ死語も復活の「フィーバー」なのですよ。とても満足に踊れる状態ではなくなるのですが、それでもかろうじて、ステップは踏めたのでした。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-28 00:18 | 今夜の一曲
a0109476_21414827.jpg 今夜の一曲はR40世代にはきっと耳に残っている(筈)曲を。
 Kid Creole & the Coconuts"Don't take my coconuts"は80年代初期、ニッカ(今はサントリーに吸収)ウィスキー・ブラック50のCMに使われました。
 そのKid Creole & the Coconutsが1982年にリリースしたアルバム「Tropical Gangsters」から2曲をピックアップ。ファンキーなんだけど、ラテン系、トロピカルな香りを漂わせてやっちゃってます。それが当時のdisco musicにぴったりとハマっていくんですよ。バンドの中心、オーガスト・ダーネル(キッド・クレオール)氏。彼はハイチ生まれ、ブロンクス(ニューヨーク)育ち・・・なるほど、音楽には美味しい環境だったんですね。
 まず一曲目は"Stool Pigeon"、アメリカではほどほど、でもイギリスでブレイクいたします。この頃、日本のdiscoはイギリスでヒットした曲が割と回されていたので、この曲も良い感じで回ってたような。
 そして二曲目、"Annie, I'm Not Your Daddy"。この曲もやっぱり本国よりもイギリスでブレイク、UKチャートでなんと2位まで駆け上がったのです。うんうん、どちらもグルーヴ感ビシバシきてますよね。こういう曲を聴くと、また水曜日って気になるんです(汗)。



 2曲目のPV、店内のモニターで観たような気もするし、この曲の記憶の方が強く残ってます。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-26 22:03 | 今夜の一曲

CLUB DIANAで遊ぼ 2

a0109476_201954.jpg 昨日は水曜日、そうです、そうなんです、80年代メインの選曲の日なんです。で、行ってきました、CLUB DIANA。今回はすこ~し画像なんかも(携帯で撮って参りやした)あります。
 早々に仕事を終わらせ、6時半位には会社を後にして、いざDIANA! 。8時前は無料! ダッシュのかいもあって7時には着きましたよ~。でもドリンクとの交換用コイン(前回載せたヤツ)を2枚購入することになります、これが¥1000なり~。
 そしてもうひとつの目玉は8時まではバイキングぅ~、なのです。急いで行ったもんだから当然お腹が・・・。でもこれ目当てで(?)来ている人も多いのか、既に長蛇の列(T0T)なのです。
 少し列が短くなったところで参戦! ん~、でも食べたかったのが既に切れていたのだ。それに一人に一枚渡されるお皿がちょっち小さいので、男性なんかはあと2回位とりに行かないと・・・。それでも、最後にはスイーツも用意されていて、女性には良いかもです。料理もまんざらでもなかったですよ!
 男性としての教訓! バイキングは諦めろ! どこかで食事をしてから8時前に入店、これ、鉄則かと思います(売り切れ続出です)。
 さ、1枚目の画像はお店に入ってまずロッカー。そこからフロアに降りる階段の壁にでかーく映し出されています、DIANA。左下にちらりと女性が映っているので大きさが分かるかも。
a0109476_2043793.jpg そして2枚目は天井から床に投影しているのですが、ゆらゆらと揺れているのでした。当然写真なので、きっちり止まっています(当たり前だ)
 通路の先には星座を象ったものがやはり床に投影されています。ここは俗に言うVIP席(!?)、つか予約出来るようです。パーティとか、2次会とか、確かにフリーで座れる座席数は限りがあって、なかなか確保は難しいです。
 今回は入店も早かったお陰で、なんとか席を確保出来ましたが、8時過ぎだと無理だなぁ。
 大人数で行くときは、フロアを上から見渡せるこの席を予約、もしくは先発隊を出してフリーの席を確保、この手しかないと思います。
a0109476_20112833.jpg そして最後はその上にある席付近から撮った写真です。これがフロアね。奥がDJブースなのですが、暗すぎました、全く見えませんね。これで8時頃です。人は・・・う~ん、まだ少ないか、取りあえずみんな、踊るよりお腹を満たしている最中なのでした。
 ちなみに9時頃にはこのフロアが満員御礼でございます。そして手前と奥にお立ち台なるものがあって、お姉様たちが、元気よく舞っておりました。

 服装やアドレスは前回書いているので気になる方はみて下さい。そんなに気にすることはないと思いますよ。昨日はあちき、丘サーファーで行きましたから。

 そして今日回った曲の中で、あっ、そうそう、あったよね~と思ったものが。
 1987年に公開された映画「ラ★バンバ」、同タイトル曲、知っている人、多い筈です。日本でも大ヒットいたしました。本国アメリカではアルバム、シングルともに1位に輝いています。Los Lobosというバンドがリッチー・ヴァレンスのをカヴァーしたものです。
 映画はそのリッチー・ヴァレンスの物語だった筈。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-24 20:16 | 今夜の一曲
a0109476_21544591.jpg 1982年のリリースで取り上げたDuran Duranですが、ヨーロッパと何故かこの極東の地では1981年、既に大ブレイクしていたんです。太平洋を越えたアメリカで盛り上がりを魅せるのは1983年以降の事です。
 それで今夜の一曲はこれです、Duran Duran。1stアルバムタイトルはその名も「Duran Duran」、81年リリースです。そしてデビューシングルにもなる" Planet Earth "なんですが、自国イギリス、UKチャートに12位まで上昇していきます。そしてここ日本ではめっちゃんこ、ウケる訳です。確かにMTV受けしたロックバンドって事なのですが、きっとレコード会社の宣伝マンが強力に売り込んだのかもしれません。
 結果、テクノ系の支持をえて、毎日パワー・プレイされてました。いや、まじ、凄かったですよ。あと、ボーカルのサイモン・ル・ボン、イケメン君ですからね~、女性の人気もあったような気がします。テクノ系のダンスって、そりゃ激しかったのです。一曲で汗、ダラダラ~って・・・、お疲れ様です。



 さて同アルバムから2枚目のシングルカットは"Careless Memories"です。またまたテクノ系お兄様、お姉様を脱水症状へと誘う激しいナンバーでございます。



 最後に同アルバムからシングル・カットされた"Girls on Film"(邦題:グラビアの美少女)、後の"The Reflex"に通じるような曲です。これで少し息を整え、曲が終わったと同時に彼らはロッカーへと走り込むのです。もちろん、着替えと、お化粧直しです。



 恐るべしデュラン・デュラン、いやテクノ族か・・・。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-22 22:06 | 今夜の一曲
a0109476_21351198.jpg 今夜の一曲は、少し遡って・・・こういう時は大抵、紹介するのを忘れていたか、既に済んでいると勘違いしていたかです。
 Donna Summer嬢、以前"Hot Stuff""Bad Girl"(どちらも'79リリース)を、そして'83リリースの"She Works Hard For The Money"をupしていますが、間が完全に・・・
 。今日は1980年、アルバム「The Wanderer」からシングルカットされた同タイトル曲、"The Wanderer"を紹介致します。
 お店に通い始めてから80年代半ばまで、多分Donna Summer嬢の曲が回らなかったって事はないって位、聴いていました。この曲はBillboard Hot 100には3位まで上昇、もちろんこの極東の地のdiscoでも、思いっきり回っていました。またラジオからも頻繁に流れていて、フロアには人が溢れんばかりとなっていやした。



 そしてもう一曲、'79リリースの"On the Radio"、この曲にも大変、お世話になりました。良い〜曲です。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-21 21:59 | 今夜の一曲

今夜の一曲 オゾン

a0109476_16282451.jpg さ、今日はまた超気持ちいぃ~ファンキーなナンバーを紹介いたします。OZONEというグループが81年にリリースしたアルバム「SEND IT」から、"Gigolette"です。
 いや、そりゃもう、出だしの「ひゅ~~~ん・・・」からぷんぷんに漂うFunkyな香り。そして地味ながらもチョッパー・ベースにお馴染みブラスセクション。そしてR&B定番のリズムギター、聴くも良し、踊るも良し、そしてドライブのお供にも良い〜感じに仕上がっています。まぁ、聴くだけじゃもったいないですけどね。
 聴きながら、既に肩が左右に揺れております。ついでに腰も揺れてます。この曲は80年代前期のdiscoフリークにはたまらない曲じゃないかなぁ〜。フリーでも、バンプも、ラインも、何でもありありで、尚かつダンスの差が一目瞭然ででてしまう、いやらしい曲なのでありました。




[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-20 16:39 | 今夜の一曲
a0109476_081946.jpg 今夜の一曲は昨日に続き、少し年代を遡って・・・。そうなんです、思い出したのです (何? この曲、サビのとこだけ口ずさんだりしてたんたげど、ゴロ合わせで入力してみる・・・ググって検索、でたーーーっ! これだ、これ!
 "Mandolay"、ジャケットもこれっ! 当時DJブースにプレイ中に立てかけてあったのと同じ! そかー、La Flavourつう、ユニットだったんやねん。
 という訳で、この曲当時、夢中で踊ってたわ。サビ部分もちゃんとフリがついてたんですよね〜。ステップは比較的簡単だったので、新人さんの私でもみんなの中に入れた曲です。
 この曲も人気あったなぁ、ほんとに前奏部が鳴るや、いっきにフロアに人が駆け込んできてたもの! でもアメリカやイギリスでランクインの形跡は無いようです。日本だけスマッシュ・ヒットだったんでしょうか? それにしても良い曲でした。80年にリリースされたと思うのですが、Funkyな香りも持ちながら、後のユーロ・ビート、ハイ・エナジーサウンドに繋がっていきそうなテンポの良い曲です。
 事実、後にART ATTACKというユニットにカヴァー('84)されdiscoの定番曲になったそうな。この頃には「Mandolay!Say!Hey!」のサビ部分を、一斉に叫んでたそうです(このパターンは記憶に・・・思い出せなーーーいっ!)。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-20 00:17 | 今夜の一曲

今夜の一曲 マドンナ

a0109476_23132176.jpg 今夜の一曲は、Madonna。以前1983年リリースアルバム「Madonna」から"Holiday"を紹介しました。そして翌年にリリースしたアルバム「Like a Virgin」からは同タイトルシングル"Like a Virgin"を。
 実はその間に2曲が「Madonna」からシングルカットされています。1曲は"Lucky Star"、もう1曲は"Borderline"です。どちらのPVもなかなかの作品です。観ていて楽しいし、まだまだ初々しい頃ですね。でもやっぱりなんか違うというか、既にオーラ(?)が漂っているというか、期待せずにはいられない人でしたね。曲はやっぱりダンサブルなんです、ついリズムをとってしまうような曲にしばし浸ってしまうのでした。
 "Lucky Star"はBillboard Hot 100では4位に躍進します(前作"Holidayは16位)、そして"Borderline"は10位と確実にベスト10入りを果たしていました。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-17 23:38 | 今夜の一曲

今夜の一曲 ニーナ

a0109476_2249116.jpg 今夜の一曲はNENA、ドイツ出身(当時は西ドイツ)のグループを紹介いたします。ちなみにニーナは英語読み、ドイツ語では「ネーナ」と呼ぶらしいです。
 曲は"99 Luftballons"(邦題:ロックバルーンは99)、リリースは1983年です。まず自国ドイツでヒットチャート1位に輝きます。そこからアメリカ、ヨーロッパと拡大。遂に英語バージョンを翌年リリース。米Billboard-Hot100では2位に、そして英UKチャートでは1位を獲得、更に更に拡大していきここ極東でもすっごい事に! なんと来日公演までやっちゃったそうな。
 そんな訳で、discoでもすっごい回ってました・・・ん〜、一過性ではありましたが、フロアを賑わせていたのは間違い無かったのです。またこの曲、度々カヴァーもされたり、オリジナルがTV番組内で使用されたりと、割と今でも耳にする曲です。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-15 23:17 | 今夜の一曲