音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2011年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

a0109476_22435842.jpg 今夜の一曲はKim Wilde嬢、1984年にリリースしたアルバム「Teases & Dares」、ん? どこかで聞いたようなアルバムタイトル(つか、私はピンときましたが、わかりましたか)なんだけど、これよりシングルカットされた"The Second Time(USタイトルは"Go for It" )"を。
 この曲、まずまずのスマッシュヒットとなりました。本国イギリスでのチャートは29位、アメリカBillboard Hot 100は65位。そしてヨーロッパ各地でも軒並み30位以内にランクインしています。そんな訳でここ極東でも度々フロアに流れる事となりました。
 Kim嬢といえばデビューシングルの"Kids In America"があまりにも鮮烈過ぎです(あーーっ!? これもUpしてなかったですね!!!)。
 ヨーロッパでは人気の高かった(そりゃ当然でしょう)彼女ですが、アメリカであっぱれ! 1位に輝くのは更に2年後、"You Keep Me Hangin' On"(The Supremesのカヴァー)のリリースまで待つことに。これはデビューシングルよりも更にパワープレイされました。どの店でも間違いなく回っていたと思います。
 それにしてもKim嬢・・・べっぴんさんやなぁ。




 そしてデビューシングル"Kids In America"です(ピコピコ電子音キーボードが懐かしすぎます)。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-31 23:12 | 今夜の一曲

今夜の一曲 クイーン

a0109476_2343089.jpg 今夜の一曲は初登場、QUEENです。多分、これ以前にも何かあったような気がするんだけど、今回の曲は割と記憶に残っているので。残っているといえば故Freddie Mercuryのソロでリリースした"I was born to love you"('85リリース)だなぁ。
 さて今回は1984年のリリースアルバム「The Works」より、先行シングルとしてリリースされた"Radio Ga Ga"です。なんたって、日本での人気は凄かったですからね〜。本国イギリスよりも先に日本で人気が出たグループです。ヒット曲もまだこれといって無い頃、割と早い時期に来日公演をしています。もちろん大盛況(武道館)だったそうです(この時、私は地方都市の学生でございました)。
 Billboard-Hot100では16位、本国UKチャートは2位です。クイーンの曲って日本人に合うというか、すんなりと入ってきます。この曲がどれくらいのお店で回ったかは分かりませんが、クイーン大好きお姉さん、ギター小僧、バンド野郎を巻き込んでフロアは活気づくのでありました。

[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-30 23:36 | 今夜の一曲
a0109476_1183668.jpg 今夜の一曲は1981年に戻って・・・またまた忘れてました。かなり踊った筈なのになぁ、歳はとりたくないものだ。
 この年リリースされたFrankie Smithおじさん(?)の"Double Dutch Bus"、これはFunkyなお兄様、お姉様には思いっきり支持されてたなぁ。逆にハイエナジーっぽい、ちとテンポの良い曲なんかが好き(取りあえず初心者さんとしておこう)な方には休憩タイムとなっていました。
 プロモでも分かるようにDouble Dutchって縄跳び(2本使っての)の事なんだそうです。その後、Hip-Hop系アーティストが度々カヴァーする事となります。
 Billboard-Hot100では30位、同R&Bチャートでは4週もの間、1位を走り続けた彼のヒット・ナンバーです。
 ちょーFunkyなナンバーにみんな腰が入ってます。ヴァンプにももってこいっ、ちと通い慣れた方々が盛り上がるイカしたナンバーでございました。



 
[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-30 01:35 | 今夜の一曲
a0109476_2311685.jpg 1981年の"プラネット・アース"でデビューしたデュラン・デュラン、以後アルバム「デュラン・デュラン」、「リオ」、「セヴン&ザ・ラグド・タイガー」をリリースし、全てベスト10入(英・米共に)する人気を保ちながら、1984年にライブアルバム「Arena」をリリースします。
 このアルバムもイギリス6位、アメリカでは4位と凄い事になってます。今夜の一曲はこのアルバムからシングルカットされた"The Wild Boys"を紹介します。
 "The Wild Boys"、Billboard-Hot100は2位、UKも2位とやっぱり売れました。当然お店でもビンビンに回る訳です。彼らの曲作りも良いですよね〜、びったりど真ん中って感じです。
 マハラジャ(麻布店)なんかがオープンして、いよいよ大衆化しちゃう頃ですからね〜。ダンスもとりあえずステップ(?)踏んでいればOKな訳だったし、知ってる曲がかかれば大盛り上がり・・・。




[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-28 23:36 | 今夜の一曲
a0109476_21272011.jpg 今夜の一曲はイギリスのユニット、スタイル・カウンシルが1984年にリリースしたアルバム「Café Bleu」より"My Ever Changing Moods"を。
 それにしても先日紹介したSadeもそうなんだけど、楽曲が衝撃的なんですよね〜。洗練されているというか、隙がないというか。ソウルフルなのはもちろん、ジャズ、ポップスが絶妙にブレンドされていて、フロアの雰囲気を変えてしまう、魅力ある曲なのであります。
 チャートインでみると彼らイギリスでのランクが俄然良い訳なんだけど、それでもBillboard Hot100には29位にランクインしています。また同年リリースの"You're the Best Thing"もまた、とってもお洒落なナンバーです。曲に酔っているうちに声をかけるのが鉄則ではありますが、肝心のこっちまで酔っているなんて事になりかねない位、良い曲でございます。






[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-27 21:54 | 今夜の一曲

今夜の一曲 リマール

a0109476_2271392.jpg 今夜の一曲は、映画「ネバーエンディング・ストーリー」から、"The Never Ending Story"。1984年公開のこの映画はもの凄いヒット作だったと思う(当時、観に行かなかったのです)。で、このテーマ曲を歌うLimahl(リマール)くん、Kajagoogoo(カジャグーグー)のボーカルで、83年には"Too Shy"(邦題:君はToo Shy)で大ヒットを放ったかたであります。独立後に受けた仕事がこの映画のテーマ曲、映画のヒットと合わせ、またまたド〜んとヒットいたします。
 お店でも回ってました、思いっきり。映画を観た人も、Limahlくんのファンの子も合わせて、大にぎわい。ノリの良いテンポに気がつけばフロアは超密集じごくなのでありました。
 この曲、Billboard-Hot100には17位、イギリスでは4位。さすが母国でのパワーはひとしおでございます。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-26 22:50 | 今夜の一曲
a0109476_22293362.jpg 今夜の一曲はKool & The Gangの第2のヒット曲と言っても良いっしょ! 1983年リリースのアルバム「In the Heart」より、"Joanna"をお届けします。
 翌年、Billboard-R&Bでは1位、同Hot100には2位、年間ランクも24位と文字通りの代表曲となり、"Celebration"と共にコンピアルバムでは必ずと言っていいほど取り上げられています。
 それにしても「甘〜〜〜い」詩の内容でございます。でイケメンJTテイラーがええ声で歌うものですから・・・ここ、日本の女性もフラフラになってしまうのです。スイングしやすいリズムでフロアはユルユル状態です。声を掛けるならこの曲が回っているうちです。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-25 22:54 | 今夜の一曲

今夜の一曲 シャーデー

a0109476_21102124.jpg 今夜の一曲は1984年リリース、Sadeのファーストアルバム「Diamond Life」から"Smooth Operator"を。
 Sadeってユニットだったというのは暫く後になってから気がつきました(恥)。ボーカル、ベース、キーボード、ギター&サックス奏者からなる4人組だったんですね。
 アルバム冒頭を飾る"Smooth Operator"に当時(今でもそうですが)、完全にノックダウンでした。最初に耳にしたのは多分discoではなくFMだったと思います。もの凄いクールな曲に背中がゾクゾクしたのを覚えています。
 最初のシングルカットは"Your Love Is King"、そして"When Am I Going to Make a Living"、今回の"Smooth Operator"は3枚目にあたるそうですが、多分日本ではこの曲のインパクトが強かったと思います。ちなみに1stシングルはBillboard-Hot100、54位(UK6位)、2ndシングルはUK36位、そして"Smooth Operator"はBillboard-Hot100、5位(UK19位)と躍進、同A/Cチャートでは1位の座に。そして今でもカヴァーされ続けるスタンダード曲になっています。
 う〜ん、こういう曲はいかにルーズキメて踊れるかがカギですね。

 アルバム収録曲
1.スムース・オペレーター "Smooth Operator"
2.ユア・ラヴ・イズ・キング "Your Love Is King"
3.ハング・オン・トゥー・ユア・ラヴ "Hang on to Your Love"
4.フランキーの最初の出来事 "Frankie's First Affair"
5.メイク・ア・リビング "When Am I Going to Make a Living"
6.チェリー・パイ "Cherry Pie"
7.サリー "Sally"
8.貴方の友達 "I Will Be Your Friend"
9.愛の生活 "Why Can't We Live Together"




1stシングル、"Your Love Is King"はリンクを貼っておきました。


[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-24 21:50 | 今夜の一曲
 a0109476_23242025.jpg 今夜の一曲はサザン・オール・スターズら"ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)"ってどうでしょう?
 もちろんこの曲がどのお店でも回っていたとは思いませんが、回っていたお店では、やっぱり盛り上がってた筈です。シングルの発売は84年の6月、収録アルバム「人気者で行こう」は翌7月にリリースされます。先行シングルだったんですね。
 サザンのシングル、20枚目にあたり、デビュー6周年にあたる6月25日に発売したそうです。ちなみにオリコン最高位は6位でした。
 曲は当時流行の、というか主流になったいたテクノポップ系を強く意識させた、シンセサイザーの音作りでdisco受けしやすいビートになってます。数あるサザンの曲の中でもこれ、好きです。
 さ、問題のPVですが、なにやら物議を醸し出したらしいですね、当時。ま、楽しく踊れれば問題なし、が当時の私たちでしたから、それは置いておきましょう。



[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-22 23:53 | 今夜の一曲
a0109476_22235382.jpg 今夜の一曲は以前紹介したPointer Sistersのアルバム「Break Out 」から更に2曲を。って一体このアルバムから何曲シングルカットしていたんだ!?
 最初は"Automatic"、Billboard Hot 100では5位に、そして同Hot R&B/Hip-Hop Songs、Hot Dance Club Playチャートではそれぞれ2位に。ちょー気持ちいい、ミディアムナンバーに肩が思わず入ってしまいます。
 次は"Neutron Dance"、Billboard Hot 100には6位とまたまたベスト10入です。この曲は映画「ビバリーヒルズコップ」の挿入歌としても使われているので、聞き覚えのある方もいると思います。84年当時の定番ビートの効いたナンバーに仕上がっています。大ヒットした映画に使われていたので、お客さんも耳に馴染んでいて、勢いよくフロアに繰り出してきていました。

※ちなみに前回このアルバムから紹介した曲は"Jump(For My Love)""I'm So Excited"です。

[PR]
by jintei_r34 | 2011-01-20 22:53 | 今夜の一曲