音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2010年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 昨日に引き続き、また日本のアーティストを紹介しちゃいます。これも回っていたんですよ、そりゃもう女の子達が盛り上がる、つられて男も盛り上がる、気がついたらフロアは大騒ぎ・・・。



a0109476_22201128.jpg チェッカーズのデビューシングル、"ギザギザハートの子守唄"。1983年なんですね〜、デビュー。良い曲、たくさんあります。今でもカラオケで歌ったりしますよ。長い期間という訳ではありませんでしたが、一時期、つか多分土曜日のちょっと盛り上げよかなって時に回っていた感じです。
 今でこそ週休二日制が当たり前ですが、当時はそんなん無かったんだよね〜。土曜日まで仕事に学校、そしてやっと日曜日が休み。思いっきり遊べたのは土曜日の夜だったのです。文字通り「サタディ・ナイト・フィーバー」な時代です。
 そういえばこの当時のカラオケって8トラ・・・、知ってますか?

[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-30 22:29 | 今夜の一曲
 今夜の一曲は久しぶりに日本のアーティストを。ほとんど洋楽ばかりをUPしてますが、実はかなり日本のアーティストの曲も回っていたんですよ。今日はその中でも特に、パワープレイされていた曲を紹介いたします。



a0109476_22445033.jpg 80'sを知る人でこの曲を知らない人はいないですよね。デビュー曲の"ランナウェイ"同様、大ヒットした、"め組のひと"シャネルズからラッツ&スターに改名した直後('83)にリリースされた曲です。この曲の「めっ!」のところでは彼らと同じ振りをして踊っていましたね〜。
 まだまだノリノリ〜な日本のアーティスト、少しずつ紹介するように致します。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-29 22:48 | 今夜の一曲
a0109476_22423634.jpg 今夜の一曲は少し異色かな? イギリスのパンク・グループのThe Clashの曲を紹介します。パンクと言いながらも、レゲエやダブを取り込みながら独自の音楽を作り上げたグループのようです。
 "Rock The Casbah" は1982年リリースアルバム、「Combat Rock」に収録されています。
 83年早々の1月に、Billboard-Hot100では8位に、年間ランクは53位とアメリカでもめちゃんこブレイクしました。
 ホールには色々なジャンルの曲が流れるようになります。どの曲をチョイスするかはDJ次第、そしてそのDJの選曲によって、DJ毎にファンがついていくのでありました。これは他店のDJはどうだ? なんて事にもなり、お客がそれによって流れる事もしばしばだったのです。
 まずは当時話題になったPVから

 そして12インチバージョン、んーーー、バシッとスイングできますっ!


[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-28 23:11 | 今夜の一曲

Disco Nights イエス

a0109476_2221417.jpg 今夜の一曲は、英国のプログレッシブ・ロックバンド、YESの曲を紹介致します。プログレッシブ・ロックバンドと言いましたが、'83年にリリースしたアルバム「90125」(邦題:ロンリー・ハート)では従来の作風とはガラリと変わった内容に彼らのファンは喧々囂々だったとか。
 でもこのアルバムが結果的にナンバー・ワンセールスを記録してしまいます。
 アルバム冒頭を飾る "Owner Of A Lonely Heart" (邦題:ロンリー・ハート)はBillboard-Hot100では1位を獲得、翌 '84年の年間ランクでは8位と思いっきりブレイクです。もちろん店内でもパワー・プッシュされ、ギター小僧がダンスに夢中(俗に言うエアー・ギターのハシリみたいな)になっちゃうのでした。
 ま、夢中になるのは何もギター小僧だけでは無く、ビートも効いてコーラスもぐぅ!、み〜んなノリノリのステップです。

 この頃、Knight Rider(ナイトライダー)という、男の子は絶対見てたアメリカのTV番組が放映されていたんです。そそ、人工知能を搭載したスーパーウェポン的なスポーツ・カーが活躍するヤツね。その番組の冒頭で、使われています、"Owner Of A Lonely Heart" (偶然見つけてしまった)。この番組は毎回、人気の高い曲を1分程度、入れてたようです。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-26 22:31 | 今夜の一曲
a0109476_22562573.jpg 今日選んだのはPhil Collins、1982年にリリースした2ndアルバム「Hello, I Must Be Going!」(邦題:心の扉)から、 "You Can't Hurry Love" (邦題:恋はあせらず)を。
 ぬわんとこのアルバム、収録10曲中、8曲がシングルカットされるという凄まじさです。今回紹介する "You Can't Hurry Love" は2番目のシングルになります。8曲中、6曲が '83年になってからのリリースだったので、この曲も最近までそうなんだろうと思っていました。
 既に再生しながら読んでいる方で、「ん・・・?、あれ・・・?」ときてしまったあなたは、私よりも遙かに音楽(もしくはdisco)通です。
 実はこの曲、1966年にシュプリームスによってリリースされました。この時はBillboard-Hot100、1位。UK、3位。Billboard-R&B、1位。そして同年間ランク8位と、ウルトラメガヒットだったのです。この曲をカヴァーしたフィル・コリンズ、しっかり2匹目のドジョウを掬い上げたようです。
 Billboard-Hot100では10位、年間ランクも37位とスマッシュ・ヒットです。そして彼の歌声はこれ以後、フロアに響くこととなります。もちろん、ステップを踏みやすいリズムは大人気! 老若男女(老は辛いか・・・)問わず、スイングしちゃってましたね~。こゆ曲、嫌いじゃないです~っ!

 やっぱり本家も聴いてみたくなりますよね。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-25 23:28 | 今夜の一曲
a0109476_1994723.jpg  今夜の一曲は1983年に入り、いよいよアメリカでもブレイクしたDuran Duran
 彼らが '83年にリリースした8枚目のシングル、 "Is There Something I Should Know?" は8月Billboard Hot 100に8月第1週に4位。
 随分と時間が掛かってしまいましたが、その後の勢いはそりゃ凄い事に。この年(11月)リリースされたアルバム「Seven and the Ragged Tiger」からシングルカットされた "The Reflex" はBillboard-Hot100で遂に1位、'84年年間ランクでも16位と確固たる地位を築いてしまいました。
 日本では前曲がCMに使われていましたね。そんな訳で、この曲も大人気。とにかく夢中で踊ってる方々がいっぱいなのでした。
 いよいよフロアで踊るスタイルも様代わりを初めてきた頃です。Funkyなお兄様達はブレイクに移行したり、80年前後の曲が回るのを待ったりと混迷深まった年なのでした。

 この曲、当初はシングルリリースのみで、アルバムには収録されていませんでした。めっちゃんこヒットしちゃたもんだから、後にこのアルバムに追加収録しちゃたようです。UKチャートは1位だし、Billboard Hot 100にも4位(米国でベスト10以内にチャートインするのは "Hungry Like the Wolf" 以来)。
 "Union of the Snake" はアルバムからのシングルカットです。そして "Is There Something I Should Know?" の後にリリースされました。こちらはUKチャート3位、そしてBillboard Hot 100では3位までランクを上げてます。UKサウンドがいよいよ全米を席巻していくって感じですね。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-24 23:54 | 今夜の一曲
a0109476_3412020.jpg 今夜の一曲は1983年にリリースされたBooker Newberry III"Love Town" を。
 ちょっと聞き慣れない方ですが、良い感じでグルーヴしちゃえます。声も魅力的、サウンドもちょい懐かめでFunkyなお兄様が小じゃれたステップを踏むのにもってこいです。
 ブッカーさん、本国(アメリカ)ではあまり良い結果を残せなかったのですが、この曲はイギリスで6月に6位と大健闘しちゃいます。
 それから大陸を越え、日本へと渡ってきたみたい。宣伝マンのプッシュでしょうか、なんとなく聞き覚えのある曲です。もしかすると他の曲と混同しているかもですが・・・。
 まずは本人登場のものを。この体格でステップっ!、なんかカワユス〜♪でしょ

 そしてアルバムバージョン。う〜ん、良い感じ


[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-23 22:46 | 今夜の一曲


 今日(11/22)のスマスマでマイケル"One More Chance"、未公開PV放映しましたね〜。一昨日、キャプテンEOを観てきた興奮冷めやらぬ間の、今日のPV・・・言葉がでません。ただじっと観ていました。
[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-22 23:05 | MICHAEL JACKSON
 キャプテンEOを見終わり、さ、次はグッズを・・・。
a0109476_22555098.jpg

 少ない、あまりにも少ないです。まずは缶バッジ、直径は約8.5cmです。当然ご購入です。
a0109476_22583856.jpg

 次にホノグラム(ポスト)カード、はがきサイズです。もちろん裏面は住所が書けるようにようになっています。迷わずご購入です。
a0109476_23111043.jpg

後は・・・Tシャツです。大人用と子供用があります。もう一度来る為に、Tシャツは買わずにきました。さぁ、もう一回行くぞーっ。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-21 23:13 | MICHAEL JACKSON
a0109476_19291384.jpg ほぼ20年ぶり、キャブテンEOに会いに行ってきました。今年に入って3D映画が相次いで公開、それほど驚かなくなってしまいましたが、20年前との差はどうなのか? そんな思いもあって期待度120%です。
 ファストパスを使い、並ぶ事10分弱で館内に。3D用のメガネを受け取ると間もなくメイキングが始まりました(画像下モニター部)。多分5分程度だったかな? それが終わるといよいよ座席へと誘導されます。そしていよいよ本編が・・・。
 冒頭、隕石(小惑星?)が少しずつこちらに近づいてきます。そしてホントに目の前、手に取れるほどの近さで暫く回転しています! (みんな手のひらを顔の前にあげてました) 飛び出してくる、この表現がぴったんこ! アバターをはじめ奥行き感のある3D映画と違うところはこの距離感! 立体感のあるマイケルは触れる事が出来そうだし、暗黒の女王の伸ばした手に掴まれそうにもなります。いや、もう凄いです。3Dを語るにはまずこれを観なくては!
 20年前には無かった効果もサイコーです。揺れるし、風は吹き、そして水が・・・。もうっ!、マイケルのダンスに集中できないやん! げっ1? もうラスト・・・、あっという間の17分(そんなに長いか? せいぜい10分くらいにしか感じないっ)なのでした。・・・もう一回行かねば。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-11-20 21:08 | MICHAEL JACKSON