音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

a0109476_21441010.jpg 今夜の一曲、2度目の登場です。Daryl Hall & John Oates、1982年リリースアルバム「H2O」から同年10月にシングルカットされた "Maneater" をちぇけらっ!
 Billboard-Hot100 は12月に1位を。翌 '83年、Billboard年間ランクでは7位に入るなど、前作 「Private Eyes」 ( '81年リリース)以降、飛ぶ鳥を落とす勢いをみせます。日本での人気も相当なもので、80年代だけでも5回来日、公演を行っています。
 そんな訳でこの曲も '82〜 '83年にかけてフロアを賑わした曲となるのですが、Funkyなお兄様達が好むような腰に効く曲が少なくっていったようにも思えます(ヒットチャートを駆け上がらなくなっただけ? 商業的に厳しくなっていたのかも)。
 そしてここ、にっぽんのdiscoは商業的にイケると読んだのでしょうか、あちこちにお店が出店し始めのです(そりゃ大小乱立でございます!)。



[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-31 22:09 | 今夜の一曲
a0109476_1301570.jpg Michael、アルバム「Thriller」からのシングル第3段、"Beat It"が今夜の一曲。Michaelファンでなくたって、知らない人は居ないだろうし(居るのだろうか?)、なんたってPVはちょー有名な訳だし。
 チャートではBillboard-Hot100で4月に1位、Billboard-R&Bでは5月に1位、そしてBillboard年間ランクは"Billie Jean"に続いて5位を記録します。
 フロアでは"Billie Jean" 同様、この曲もよ〜く回りました。PVをしっかり観て、コピーしてくる人も多かったですね〜(この時点ではまだムーン・ウォークはお披露目されていません)。"Billie Jean"からは回転してつま先立ち、"Beat It"は全員でダンスしているところなんかがコピーの対象でした。
 それにしてもMichaelのPV、どれを観てもサイコーです。アルバム「BAD」に収録されている"The Way You Make Me Feel"のPVが、私的にめっちゃ好きです。これはもう少し後で・・・我慢できない人は探してみてね。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-31 02:56 | MICHAEL JACKSON
a0109476_0375349.jpg 今日選んだアーティストはオーストラリア出身、と言えばピーンときた人も?
 Men At Workを紹介します。(デビュー)アルバム「Business as Usual」は1981年11月にリリースされました。
 翌年シングルカットされた "Who Can It Be Now" (邦題:ノックは夜中に)と "Down Under" (こちらは '81年にリリースです)は、じわりじわりとチャートを上昇(まるでコアラのように)、"Who Can It Be Now" は '82年、Billboard-Hot100に10月に入って1位を。 "Down Under" はさらに翌年、 '83年の1月に1位となり、年間チャートランクでも堂々の4位となります。どんだけのんびりなんだ~っ!?
 どちらの曲も '82年から '83年にかけてばっちり回っていました。 "Who Can~" はテンポも良く、誰にでもステップの踏みやすい曲ですが、 "Down~" はちょいと小技をいれられる人向き、踊り込んでいる人向き、つかそういう人が格好良く見える曲ですね。
 踊るも良し、BGM代わりにお喋りタイムにも良しのMen At Workの2曲なのです。因みに「Down Under」ってオーストラリアを差してるらしい。地図の下側にあるからって理由だそうです。





[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-31 01:13 | 今夜の一曲
a0109476_22261389.jpg 今夜の一曲は・・・、このジャケットでピーンとくる方も、そんなあなたは私と同年代です。映画「Flashdance」サウンドトラック盤です。
 この中から"Flashdance...What A Feeling"を今日はちぇけらっ!。
 シンガーはIrene Cara嬢、今回で "Fame" に続き2曲目の登場です。彼女自身のアルバム「What A Feeling」も時を同じくしてリリースされました。
 この曲は1983年、Billboard年間ランク 3位を獲得。これはMichaelの2位に次ぐものです。そんな訳で、この曲もとーぜん勢い良くdiscoで回っていたのでした。映画も大ヒットで、曲がかかると、どっか〜んと人がフロアに押しよせてましたね〜。この年位からかなぁ、急にお客様が増えたきたような・・・、週末ともなると入り口から長蛇の列ができ、入場制限まで始まったのでした。

 Flashdance Original Soundtrack 収録曲

1. Flashdance...What A Feeling - Irene Cara
2. He's A Dream - Shandi
3. Love Theme From Flashdance - Helen St. John
4. Manhunt - Karen Kamon
5. Lady, Lady, Lady - Joe Bean Esposito
6. Imagination - Laura Branigan
7. Romeo - Donna Summer
8. Seduce Me Tonight - Cycle V
9. I'll Be Here Where The Heart Is - Kim Carnes
10. Maniac - Michael Sembello

 p.s.このサントラ番に収録された曲、他にもヒット・チャートを賑わせたものが・・。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-29 23:19 | 今夜の一曲

Disco Nights ポリス

a0109476_23473767.jpg Michael Jackson"Billie Jean" を抑え、Billboard年間ランク、1位に輝いたのはPoliceの "Every Breath You Take" (邦題:見つめていたい)です。
 1983年リリースのアルバム「Synchronicity」からのシングルカットでした。年間でも1位、ぶっちぎりな訳で当然彼らの最大セールス曲になったのですが、このアルバムを最後にPoliceは活動を停止することに。
 日本では '80年リリースの "De Do Do Do De Da Da Da" がブレイク、日本中のdiscoでは連日、大合唱(!?)が行われたとか?、遂に日本語バージョンまで作ってしまったPoliceなのでした。
 "Every Breath You Take" はミディアム・テンポでかる〜くスイング出来る良い曲です。PVのSting、若いっ!



p.s.1983年モノ、紹介したい曲がどっさりんこ有ります。チャートインはもちろん、内輪で盛り上がったものも取り上げていきます。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-29 00:38 | 今夜の一曲
a0109476_2394163.jpg 今夜の一曲はジャケットでお分かりですよね、"King of Pop"Michael Jacksonさんの曲を紹介します。'82、12月1日(時差の関係で本国では11月30日)にリリースされた、アルバム「Thriller」(やっとここに辿り着いた)から今日は2ndシングル"Billie Jean"、そして順を追って(フロアで流れなかったと思われる曲は省略)いこうと思います。
 "Billie Jean"のシングルリリースは年が明けた1月です。あの「moonwalk」のお披露目は同年3月、モータウン25周年記念コンサートの時に、それはもうサプライズでしょ!? それ以来み〜んなmoonwalkの練習です。当時は小学生まで真似てたからね〜。でもね、常連さん達はフロアではしてなかったなぁ。あれってスペースが必要だからね、お店が終わってお客さんが引けてから、DJと一緒に「こんな感じ?」、「そうそう、あと前進バージョンはこんな感じで」とか、やってました。
 書く必要もないけれど一応、Billboard-Hot100では3月に1位、R&B部門では2月に1位、'83 Billboard年間ランクでは2位に輝いています。


マイケルのムーン・ウォーク、初お披露目です。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-28 00:04 | MICHAEL JACKSON
a0109476_0104060.jpg 1982年リリース、HIGH FASHIONのアルバム「Feelin Lucky」より、 "Feelin' Lucky Lately" が今夜の一曲っす。
 ん〜、どこかで聴いた曲のような・・・そんな気になってしまうのはあちきだけではない筈。えっと、そうそうTHE B.B.& Q. BAND"On The Beat" ?・・・あっ、CHANGEじゃねぇ? とか。
 それもその筈で、プロデューサーが同じだったんですね〜。イタリア人でJacques-Fred-Petrus(ジャック・フレッド・ペトラス)とMauro-Malavasi(マウロ・マラヴァシ)という方々なのです。
 サーファー全盛の中、ウケそうな曲なんだけど印象に残ってないんですよね〜。グループ名はなんとなく記憶にあるのですが、これももしかすると、ハイ・グロスと混同しているかも(汗)。
 Billboard Chartも振るわなかったみたいです。全然悪くないんだけどね〜、レコード会社の宣伝マンがサボっていたのだろうか。
 実はこのグループ、メンバーはものすご〜く豪華で、Eric McClinton, Alyson Williams, Melisa Morgan・・・別の機会に紹介出来ると思います。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-27 01:02 | 今夜の一曲

Disco Nights ドナ・サマー

a0109476_21135722.jpg 今夜の一曲、いや二曲でいきますっ!。The Queen of Discoと称されるDonna Summer嬢のアルバムの中でもいっちゃんのセールスを記録した「Bad Girls」(邦題:華麗なる誘惑、1979年リリース)から、泣く子も踊りだす(!?) "Hot Stuff" 、そしてアルバム同タイトル曲の "Bad Girls" で思いっきりフリフリ〜♪です。
 "Hot Stuff" は '79年.06.02にBillboard-Hot100で1位、続く "Bad Girls" は同年07.14に1位の座に。この勢いは翌年リリースの「The Wanderer」まで続くのでした。
 またシングルではこの年にリリースされた "On the Radio" も好きです、はい。
 ドナ嬢の80年モノはまた別の機会に紹介することにして、 "Hot Stuff""Bad Girls" はとーぜん80年以降もめっちゃんこ回っていました。文句なしに盛り上がる曲だし、多分今回っても、 "Hot Stuff!" と叫んでしまうと思います。イケイケなリズムでみ〜んな思いっきりFever(またまた死語使います)な曲、さすがThe Queen of Disco、恐るべし。

 はい、今回書き直しにするにあたって前回はシングルバージョンで紹介しましたが、今回は12インチもので、やっちゃいましょう。思いっきりお尻、フリフリ〜♪ですっ!


 さ、おまけは "Bad Girls" のPV(←YouTubeにリンク貼りました)です。スタイル良いんですよね~、マジで。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-25 22:01 | 今夜の一曲
a0109476_22133970.jpg 今夜の一曲は迂闊だった・・・完全に見落としていました。The Three Degrees、1979年リリースアルバム、「3D」より冒頭を飾っている "Jump The Gun" を紹介します。
 この曲もまた80年以降も、がんがん回っていました。多分、当時は回転をもう少し早くしていたような気がします。この曲、ほんとに人気があったんです。
 前奏部分、間奏部分にフリなんかつけちゃって、み〜んなでワイワイやっちゃってました。でも何故かこの曲、あまり(全く?)取り上げられないんですよね〜。'73年リリースの "Dirty Ol' Man" (邦題: 荒野のならず者)、翌年の "TSOP (The Sound of Philadelphia)" 、誰もが知っている(筈)ソウル・トレインのテーマ等はコンピレーション・アルバムにとりあげられてますが。
 日本では '74年リリースの "When Will I See You Again" (邦題:天使のささやき)が、めっちゃんこ有名ですね。日本語でカヴァーもしたり、かなりの頻度で来日もしていたようです。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-24 23:06 | 今夜の一曲

Disco Nights シック

a0109476_97244.jpg 今夜の一曲は(書いているのは朝ですが)、シスター・スレッジで少し触れたChic、遂に登場です。Discoフリークには避けては通れない、discoブームを牽引してきたとまで言われるChicのナンバーを紹介します(当時の僕らにはそんな事、知るよしもなかったのだけれど・・・)。
 彼ら、ヒット曲が有りすぎて悩むのですが、2ndアルバム「C'est Chic」( '78年リリース)から "Le Freak" (邦題:おしゃれフリーク)、3rdアルバム「Risqué」( '79年リリース)からは "Good Times" あたりが日本でも有名で、コンピレーション・アルバムでも度々取り上げられています。
 今回は "Good Times" でスイングしちゃいましょう!。
 どちらの曲も '80年に入ってから聴く(踊る)事になるのですが、カッティング・ギターとベース・ライン、ストリングスとピアノを巧みにフューチャーしたスタイルはその後のDisco musicに思いっきり影響を与えたのか、入店するようになった '80年以降、同じ雰囲気の曲をよく聴きました。もちろんこの2曲もかなりの頻度でお皿が回ってたのは言うまでもなく・・・。
 個人的には '82年リリースの6thアルバム「Tongue In Chic」に収録された "Hangin'" がもろリアルタイムで好きな曲です。
 この曲、アップされてないんだよね~。初期のChicサウンドを思わせる(かなりfunkyだったのだ)曲で、この曲は通っていたお店のDJも力をいれて回していました。はいマジで、かな〜り腰に効く曲で、ブラコン大好きお兄様たちにもウケがよかったんです。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-24 09:26 | 今夜の一曲