音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Disco Nights ワム!

a0109476_131570.jpg 今夜も英国のアーティストを紹介いたします。誰もが知っている(多分)Wham!です。一気に有名になったのは、1984年リリースの "Wake Me Up Before You Go Go" 、"Careless Whisper" 、そしてもう名曲と言っても過言ではない "Last Christmas" でしょうか。Pop色を強めアメリカ進出を果たした頃です。
 でも遡ること2年、'82年のデビュー曲 "Young Guns(go for it)" がスマッシュヒット、イギリスでは一躍スターの座へと駆け上っていきます。当時はソウル色の強いファンキーな楽曲を制作してたんですね〜。翌年リリースの1stアルバムには "Love Machine" なんかも収録されています。
 さてさて今回の "Young Guns(go for it)" はUKチャート3位まで駆け上がります。日本では、どうだったのかなぁ・・・、私の通っていたdiscoでは回っていました。ストリングスもばっちり、そしてこの当時でラップ調、テンポも良く、リズムにも乗りやすくて人気がありました。認知度、という点では翌年リリースの "Club Tropicana" を待つことになります。この曲も(丘)サーファーだった私としてはだ〜い好きな曲でした。後ほど紹介致します。

 さ、それじゃ今回はPVも観てみましょ! かなり詞にのっとって再現しています。うん、翻訳が知りたい人は検索すればすぐに見つかるのでググってみてね
/div>


[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-31 23:25 | 今夜の一曲
a0109476_22592044.jpg 今日紹介する曲は、英国ビジュアル系アーティスト、ビジュアル系と言えば、彼(?)、Boy Georgeしか、とも思う訳です。Culture Club"Do you really want to hurt me" (邦題:君は完璧さ・・・、その邦題は完璧か?) なのです。
 アルバム「Kissing to Be Clever」(彼らのデビューアルバムです)に収録されていました。他に "I'll Tumble 4 Ya" というリズミカルなナンバーの曲が個人的には好きです。
 この曲1982年に、英国UK週間チャートで1位を獲得、翌年には米Billboard-Hot100でも2位を獲得するものの '83年には、あの「カマカマカマカマ~♪」で耳に馴染んだ "Karma Chameleon" (邦題:カーマはきまぐれ)のリリース、そして英国UKチャートで年間1位というマグナムヒットの陰に隠れがちなのですが、個人的にはミディアム・テンポの "Do you really want to hurt me" の方が好きなんです。
 カマカマカマ~♪は割とお子ちゃま系(そう言ってる私も当時はお子ちゃまだぁ~)な方でもワイワイガヤガヤと踊っちゃうんだけど、この曲はお姉様たちがお洒落(うんうん、とても艶っぽく)~に踊ってたんですよ、はい。う~ん、吸い込まれそうでした (謎

 "I'll Tumble 4 Ya"、Billboard-Hot100では9位までポジションをあげていました!



[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-30 23:32 | 今夜の一曲

Disco Nights ABC

a0109476_22585530.jpg 今夜の一曲も当時、よ〜く回っていました。英国のビジュアル系バンドABC"The Look Of Love" です。
 この "The Look Of Love" はBillboard-Danceチャートで1位(同Hot 100のピーク・ポジションは18位)を記録、また本国イギリスでは1stアルバムの「The Lexicon Of Love」が初登場でいきなり1位を獲ってます。
 この頃は英国のビジュアル系アーティストが列挙してアメリカに押しよせてきてましたね〜。MTV狙いというんでしょうか。danceチャートに英国系アーティストが次々とランクインしています。以前紹介したThe Human Leagueをはじめ、デュラン・デュラン、カルチャー・クラブ、スパンダー・バレエ、カジャ・グー・グー、ユーリズミックス、ハワード・ジョーンズ、ワム等、紹介しなければと思うアーティスト達です。
 今日も12インチバージョンでしっかりスイングしちゃってください。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-29 23:32 | 今夜の一曲

Disco Nights D-トレイン

a0109476_0172460.jpg 今夜の一曲もアメリカで大ブレイク(1982年ダンスチャートでは3週連続1位を記録。R/B部門では13位)、リリースは1981年のようですが、ヒットチャートを駆け上がってきたのは年が明けてからのようです。もちろんここ日本でも一気にブレイクです。D Train"You're the One for Me" 、いや、もう、グイグイって感じが良いです。泣く子も腰を入れてしまう超Funkyなナンバーです!
 ブラコン大好きDJはかなり力をいれていました。はい、とーぜんパワー・プレイです。
 ダンスの上手い、下手ってこういう曲を踊ると分かるそうで(はい、分かるんです!)、この曲がかかると例えばコンテストで優勝した人の踊りをジーっとみてたりしてた記憶があります。


 ほ〜ら、腰がじっとしていないでしょ!?

[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-28 00:41 | 今夜の一曲
a0109476_0392611.jpg 82年で早々にKを切ってしまったので、次はQを切っちゃいます。リリースは1981年ですが、年間チャート1位は82年に獲得しています。Olivia Newton-John"Physical" が今夜の一曲です。
 流石に年間チャート1位ともなるとラジオでもon airしまくっていたし、当時PVも話題になってましたね。
 私的には・・・「ま、曲は良いんじゃないですか、ノリやすいし」くらいな感じです。あまり好きじゃない方だったんで。
 え〜と、確かイルカ(くじらだったかな)を殺している野蛮な国、イルカが可哀想とか言ってたんですよね、日本の事を当時。その野蛮な国にコンサートへやってきた(来なくても良いのに)時、飛行機から降りて手を振った(気がする)彼女が身にまとっていたコート、そりゃすっげ〜ふかふかなミンクのロングコートだった訳ですよ。あれを見た時の日本国民は・・・言葉無しっ。
 もう30年も前の事なので、当人もお忘れでしょうけれど。

※注 もしかすると日本に来たとき、ではないかもしれない。その発言をした後に、どこかの国に・・・かも。ま、どっちにしろ大差ないので。

[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-27 01:10 | 今夜の一曲

Disco Nights The B.B.& Q. BAND

a0109476_22522982.jpg 昨日、ジュニア"Mama Used To Say" を紹介していた時に・・・おおっ、やばい、見落としてたやん!?(激汗)。1981年ものでチェンジを紹介した時に何故思いださなんだぁ〜・・・いや実は思い出していた、にもかかわらず、書き忘れていたというのがホントのところです。
 なので今日は'81年に戻りますが、これも(丘)サーファー達に絶大な人気を誇った曲です。当時、赤のファミリア(MAZDA)を買ったら、あとはCHANGEJuniorEarth, Wind & Fire、そして今日紹介するTHE B.B.& Q. BAND(the Brooklyn, Bronx, and Queens Bandの略ですが、当時の黒人移住地区・・・危険地帯とも言われていた)のカセットを用意するだけ(はい、当時はカセットテープですよ!)。
 多分、それだけでモテちゃった筈(※注1、それだけとは言うが車自体は130万オーバー。But!なんやかんや言ってもアルバイト学生でも買えた、良い時代でした)。
 はい、本題に移ります。曲は "On The Beat" です。(丘)サーファーはお洒落だった訳です。この曲、今聴いても全然色褪せてないというか、全体を通してしっかり計算されていますよね〜、ブラスの入れ方や、間奏のピアノパートとか。当時はファラフォーセット・メジャースさん、松田聖子さんのヘアスタイルを真似たお姉様達が、思いっきり髪を揺らしながら踊ってくれていました。う〜ん、合掌(謎


[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-25 23:29 | 今夜の一曲

Disco Nights ジュニア

a0109476_23291697.jpg 今夜の一曲は、チェンジ"パラダイス" 同様、サーファー兄さん・姉さんが泣いて喜んだ(大袈裟過ぎ?)、Junior"Mama Used To Say" です。ノリやすいリズムに厚めのアレンジ、そして程よいファルセットと、この曲も回るとフロアに人が我も我もと・・・。
 サーファー全盛の頃、彗星の如く現れ、そのまま消えていったJunior氏ですが、この曲は後のコンピーションアルバムには度々収録されている、80年代を代表する曲となりました・・・(恐るべし丘サーファー)。
 Billbord誌では4月の週にHot100で30位、UKは5月の週に7位にランクインしています(UKでの7位は彼がロンドン生まれの為か?)。スマッシュ・ヒットと言えるのですが、なぜか日本ではそれ以上に、思いっきり当たってしまいました。かく言う私も大好きです!。

 くぅーーー、懐かすい!

[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-24 23:32 | 今夜の一曲

Disco Nights シルベスター

a0109476_21462887.jpg 今夜の一曲はPatrick Cowley featuring Sylvester"Dou you wanna funk ?" です。
 パワフルなボーカルにハイテンポなビート、そして流行(当時)のエレクトロディスコ・サウンドで一気にブレイクしたこの曲、ダンスチャートでは4位を記録しています。日本でもLoverboy"Working For The Weekend" 同様、かかればみ〜んなフロアへ・・・、DJ苦労知らずな曲としてどの店でもパワープレイで回していた筈です。
 かなり後になって気がついたのですが、このシルベスターさん、男性だったんですよね〜。当時は・・・何も考えずに踊ってたんだけどね。
 80年代の終わり頃にエイズによる合併症を引き起こして他界されたようです。41歳だったそうな・・・、若すぎる。

 はい、今日は縦揺れでも横揺れでも、ご自由に、飛んでください。


[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-23 22:15 | 今夜の一曲
a0109476_0452850.jpg 今夜の一曲は通っていた人なら知っている(?)、Melba Moore嬢の "Love's Comin' At Ya" です。
 はい、今夜もしっかり腰を効かせて踊れる良い〜曲です。本国ではスマッシュヒット(R&B5位、Dance2位)を放つものの、ここ極東の地では今一つだったかな?
 DJの好みによっては回したお店、回さなかったお店があるような気がします。soul系のお店では回ってます、絶対。
 私の通っていたお店は前にも書きましたがフロアがふたつありました(当然ひとつはsoul系)ので、しっかり回っていました。ほんと、こっちのブースには "ブラコン命!" のDJがいまして・・・。
 今回紹介したMelba Moore嬢、デビューは1967年、そして今もまだ現役で活動している大変息の長いアーティストです。

 う~ん、映像の中で、観客なのか、ダンサーなのか、すっげ~腰(つか全身ですかねぇ)がキレてるお姉様がいます。うんうん、当時はあんな感じで盛り上がっていたんです!。
 

[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-23 01:10 | 今夜の一曲
a0109476_143392.jpg 1982年の楽曲を紹介していく中で早々とKを切ってしまいます。アルバムOriginal Musiquarium Iに収録されている "DO I DO" で、しっかりとdiscoフリークにStevie Wonderの名を知らしめる事になりました。
 もちろん、それ以前にも "疑惑" 、"マスターブラスター" 等、一部マニアウケけしていた曲もあったんだけどね。こ
 の曲は多分、スティービーさんもDiscoシーンを思いきっり意識して作った感もあるし、狙い通り、結果は上々、いやそれ以上にハマったようです。
 実際、 "DO I DO" はBillboard-Hot100に13位、同Danceチャートでは1位に輝いています。これ以降の曲作りはよりPOP色の強いものになっていきました(と同時に昔からのコアな信仰者は離れていくのですが・・・)。
 そしてこの後のスティービーさんの曲は度々フロアに流れる事になりました。

 PVものだけど約6分、聴き(観)応えがありますね!

[PR]
by jintei_r34 | 2010-08-22 01:32 | 今夜の一曲