音楽(disco music)と映画。そしてmac、車ネタはマツダ車(ロータリー)中心に


by jintei_r34
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:j-pop( 17 )

a0109476_22511933.jpg 一昨日の杏里さんに続いて女性アーティスト、竹内まりやさんです。
 彼女の通算10枚目のオリジナルアルバム「Denim」(2007年リリース)、そのラストを飾るのが "クリスマスは一緒に" を今日は選びました。
 知る人ぞ、知る!って感じでしょうか? 度々紹介するまりやさんですが、なんたって声(歌唱法)が最高です! 癖のないって言えば良いのか、ストレートに届いてきます。旦那様、顔負けです!(あ、顔のことは置いておきましょう)。
 カラオケでこんな風に歌われた日には、おいらいっぺんにフォーリンラブです(あ、これも置いておきましょう)。
 先日の牧瀬里穂さんのCMバージョン、あの情景にうまく合っている感じの詩の内容と、もう完璧な旦那様アレンジにのってまりやさんの声が響く響く!
 ちょっと遠距離している方々は一気に気分をあげちゃって下さい。

 そしてもう一曲、9枚目のオリジナルアルバム「Bon Appetit!」から、シングルでは "カムフラージュ" とともにリリースされた "Winter Lovers"(←リンク貼っています)、はいこの曲もね、良いんだな。
 クリスマスに彼が帰ってくる、そしてクリスマスが終わったら帰っていくところまでを歌い上げています。もう正にあのCMじゃん! 頑張れ 遠距離Lovers!

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-21 23:03 | j-pop

杏里 SUMMER CANDLES

a0109476_2314623.jpg 今日は1988年、杏里さんがリリースしたアルバム「BOOGIE WOOGIE MAINLAND」から選びました。
  "SUMMER CANDLES" 、タイトル的には夏なんだけど、良いじゃないですか!いよいよ今週末に迫ったX'mas(はい、22日からそれゃカレンダー的にはX'masでしょ!)、私達の世代にはグッときてしまうナンバーです。
 この年、杏里さんもめでたくゴールインしているし、結婚式では定番の曲になっていました。
 当時はTVドラマに使われたり、CMにも使われたりで、よく耳にした曲です。オリコンでも16位、コンサートでも必ず歌ってくれる名曲になりましたね。
 そしてもう一曲、 "スノーフレイクの街角" はこの年の年末にシングルでのリリース(オリジナルアルバム未収録)。ハッピーではないけれど、これもありだと思います。みんながみんな、ハッピーじゃないかもしれないし(ドキっ)、ちょっとだけ(そそ、ほんの少し)感傷に浸りたい時はこれ位のメロディーが丁度良い筈。
 突き落とされ過ぎず、でもほど良くブルーな感じで過ごせそうで、これもX'mas時期にはお薦めの一曲かも?・・・です。


 そして今日のおまけ(?)、いやこのアルバムでは最高の輝きを放つ名曲です(私はそう思ってます!)。"最後のサーフホリデー" です


[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-19 23:24 | j-pop

牧瀬里穂 Miracle Love

a0109476_22115321.jpg 昨日の斉藤由貴さんに続いて可愛いといやぁ、この人もめちゃんこかわゆすーーーっ!、でした。
 JR東海が牧瀬里穂さんを起用して1989年に制作したCM(X'mas EXPRESS '89)、もう、この時期これしかないでしょ?って感じです。
 前年からスタート(HOME-TOWN EXPRESS)したこのCMシリーズは初代は深津絵里さんでした。このときホームの影から現れる彼がムーン・ウォークで、というのも好きだったけれど、何と言ってもこのCMは牧瀬さんでキマリっ、男性諸氏はほとんどノック・ダウンだった筈です。
 今日はその時の牧瀬さん、そして '91年のデビューシングル "Miracle Love" をご用意いたしました。
 この曲は竹内まりやさんの作詞・作曲です。これがまた牧瀬さんにぴったんこなんです(編曲の方の腕も凄いと思われ)。
 当時はPVの存在は知らなかったのですが、作っていたんですね。このPVについては賛否両論もあるかと思いますが、それは彼女の可愛さに免じてスルー致しましょう!、クリスマスソングとは言えないけれどリリースが年末近くなので、ミラクルな時間を二人で過ごすなんて、良いでしょ!?




[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-18 22:20 | j-pop

斉藤由貴 予感

a0109476_22442672.jpg  今日は少年マガジンという雑誌のミス・マガジン、ぶっちぎりの得票で優勝(1984年)。その後、芸能界入(東宝「シンデレラ」オーディション準優勝も)りしたという経緯の斉藤由貴さんです。
 いや、もう、滅茶苦茶懐かしい話(はい、ほんとマジで可愛かったですっ!)なんだけど、それ以降、しっかり彼女のファンでございます。
 アルバム「チャイム」( '86年リリース)から "予感" を聴いてもらいましょう。
 X'masソングではないけれど、申し分無しで心に沁みてきます。これを聴いて優しい気持ちになれないヤツぁ居ないっしょ!?
 作詞は彼女自身のものです。ほんとに彼女の声って澄みきっていて、ハートを直撃するんです。それもゆっくりと心地よく染みこんでくるんです。

 この曲はシングルカットされませんでした。ん~、不思議です。ただ '86年度中に彼女は4曲、シングルをリリースしていて年末にリリースした "MAY" は、オリコンでは2位にランクイン、またザ・ベスト10(歌謡番組)でも3位までランクをあげていました。

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-17 23:12 | j-pop

松原みき Pocket Park

a0109476_21421987.jpg 今日は1980年の邦楽でいっちゃいます。
 松原みきの1stアルバム「Pocket Park」から2曲、ちぇけらっ!
 "真夜中のドア~Stay With Me" 、誰がなんと言おうとこれでしょ!。前年の '79年暮れにシングルリリース、文字通り彼女のデビュー曲です。
 この年に限って言えば、私の好きな曲BEST5、いやBEST3に入ります。これがデビューシングルですよ!? 新人離れどころじゃないですよね。この時点で既に玄人受けするアーティストさんです。作詞は三浦徳子さん、この方もすっげーヒット曲作ってます。
 多分、この曲、サビのとこをね、当時よ~く口ずさんでた。曲もめちゃんこお洒落です。今聴いても、全く遜色ないっしょ!。アルバムでは1曲目に収録されていました。
 そしてアルバムでは2曲目に収録されている "It's So Creamy" 、X'masが近づいてきた今日この頃にはまさにビンゴっ!って感じです。
 ほ〜ら、手をつないで軽やかに歩きたくなってくるでしょ!?


 X'masまで待てなくなったら?・・・はい、即効で電話しちゃおっ?

[PR]
by jintei_R34 | 2012-12-11 22:07 | j-pop

山下達郎 RIDE ON TIME

a0109476_23552442.jpg 今夜の一曲はジャケットを見れば一目瞭然! つか本人が写っている貴重なアルバム「RIDE ON TIME」から
 山下達郎さん、通算5枚目のスタジオは1980年のリリースです。
 実は78年にリリースしたアルバム「GO AHEAD!」に収録されていた "BOMBER" という曲が大阪のdiscoで人気が出たらしく、全国ヒットの兆しが見え初めていたのです。
 で、ホップ、ステップ、ジャンプにあたるこのアルバム、マクセルのCFに採用された同タイトル曲 "RIDE ON TIME" で一気に全国区へと狼煙をあげたのでした。
 この曲、後に(と言っても2003年と随分先です)ドラマ「GOOD LUCK」の主題歌にもなって話題に! そしてこの曲は大阪のみならず、ほぼ全国のdiscoでぎゅんぎゅん回る事になったのです。いやぁ、これ、リアルタイムでフロアで聴きました。つか、踊ってました。
 このアルバムに収録されている "夏への扉" 、実はアメリカのSF作家ロバート・A・ハインラインが1956年に発表したSF小説(同タイトルです)を題材にしています。これ、読みましたが、面白いです。かなり分厚いですが一気に読破! また猫好きな方なら更に楽しめる仕上がりとなっています。曲を聴いてから読むと謎が解き明かされるしかけがまた良いんですっ!

 アルバム収録曲
1. いつか
2. DAYDREAM
3. SILENT SCREAMER
4. RIDE ON TIME(アルバム・ヴァージョン)
5. 夏への扉
6. MY SUGAR BABE
7. RAINY DAY
8. 雲のゆくえに
9. おやすみ
10. RIDE ON TIME(シングル・ヴァージョン)
11. INTERLUDE I(未発表)
12. INTERLUDE II(未発表)
13. MY SUGAR BABE(TV用インスト・ヴァージョン 未発表)


 "RIDE ON TIME" 、「GOOD LUCK」のエンディングより。


 "夏への扉"

[PR]
by jintei_R34 | 2011-11-06 00:06 | j-pop

CLUB DIANAで遊ぼ

a0109476_253620.jpg 今日は有楽町のCLUB DIANAについて、R40向けに書いてみます。今週より営業時間が2時まで(金・土・祝日前日)と延長され、盛況ぶりが伺えるDIANAですが、R40世代、それも当時しっかり(いや、それなりにでも)と遊んでいた方が楽しむには・・・
 これは当時いつ頃から踊っていたかで左右されそうですが、まず共通事項を。
20時までに入ると入場料は無料! です。ただしドリンク券(実はコイン)を購入しましょう、コイン1枚(※画像)、500円でございます。そしてこの20時前ですが、水曜日から土曜日はビュッフェバイキング食べ放題(当然、無くなり次第終了です)のサービスです。これを利用しない手はない!
 さ、それでは何時行けば良いんでしょ? まず、70年代後半から80年代中頃まで遊んでいた方々は、ズバリ水曜日! DJはBABYさん中心に80年代初期より活躍している方々が盛り上げます。またKOUNOさんは70年代からご活躍なさっている方で、今月は9日にブース立つ予定です。
 80年代から90年代、ハイエナジーで盛り上がった方々は火曜日。DJはBOSSさん、NOZARINさん。活動歴20年以上、選曲に死角なしです。またNOZARINさんはMAHARAJAで腕を磨かれた方、盛り上がらない筈は無いっ

 あとはどちらの曜日にもMIKITONNYが居れば最強かと・・・(誰?

 曲に拘らない、とりあえず雰囲気だけでもという女性には木曜日が良いかも。フリードリンクっす! で20時前なら、入場料も無料! う~ん、女性はトクだぁーっ。DJもBOSSさん、NOZARINさんが入っているのでバッチリ盛り上がれそうです。

 ドレスコードは気にしなくても良いレベルです。お洒落して行くも良し、気負わずラフで行くも良しです。食べて、飲んで、踊って・・・懐かしい時間にタイムスリップしてくださ~い。

東京都千代田区有楽町1-5-2
東宝ツインタワービルB2・B3 最寄りの駅はJR 有楽町駅、東京メトロ 日比谷駅、東京メトロ 銀座駅です。

[PR]
by jintei_r34 | 2011-02-06 02:57 | j-pop

山下達郎 MELODIES

a0109476_23215491.jpg 1983年6月にリリースされた、山下達郎氏、ムーンレーベル移籍第1弾アルバム「MELODIES」は自分にとって、とってもスペシャルな1枚なのです。リリース日が私と同じ誕生日! 、きっと誰かが・・・予想は的中、disco仲間の一人からこれ、貰いました!
 1曲目、"悲しみのJODY"から高音ギンギンの達郎節全開で既に虜になってます。アクセルを踏む足にも力が入ってしまうし。2曲目、"高気圧ガール"は航空会社のCMで聴いていたので、ハンドルを握る指でリズムをとってみたり。そして6曲目(LPではB面1曲目)の"メリー・ゴー・ラウンド"、ベースライン、カッティングギター、ブラスセッション、もうFunky Tatsu! バリバリのグルーブ感に酔いしれるのでした。曲の構成も最高で、中だるみすることなく一気にラストまで。
 ラストはあの"クリスマス・イブ"です。今となっては知らない人は居ない名曲ですが、当時は達郎ファンだけが、クリスマスに思いをはせ、ドキドキ(その逆も)したのです。

 収録曲
1. 悲しみのJODY(She Was Crying)
2. 高気圧ガール
 ※リンクした曲はアルバム用に制作されながらも、収録されなかったバージョン
3. 夜翔(Night-Fly)
4. GUESS I'M DUMB
5. ひととき
6. メリー・ゴー・ラウンド
7. BLUE MIDNIGHT
8. あしおと
 ♪名も知らぬ想いに 振り向く人はいない
  きっと君の目には 僕は透き通っている♪

 名言だぁ〜〜〜
9. 黙想
10. クリスマス・イブ
[PR]
by jintei_r34 | 2010-10-10 00:07 | j-pop

山下達郎 BIG WAVE

a0109476_22474164.jpg '84、映画「BIG WAVE」のサントラ盤としてリリースされた山下達郎氏のアルバム。全編英語は達郎氏のアルバムの中でも異色です。
 '82、「FOR YOU」、'83、「MELODIES」、とリリースが続き、コンサートは'83後半から多忙を極めながらのアルバム制作、と同時に奥様の竹内まりやさんのアルバム、「VARIETY」('84リリース)のプロデュースも手がけるという、超人技をみせてくれます。
 毎度の事ながら、全編文句なしに良いのです。このアルバム、決して夏限定なんて言わせません。いつでも僕たちをハッピーにしてくれます。一人になっちゃったって、二人になったって、達郎氏の声とメロディーが心に沁みてきます。

 収録曲
THE THEME FROM BIG WAVE
JODY
ONLY WITH YOU
YOUR EYES
I LOVE YOU...PartⅡ

GIRLS ON THE BEACH
PLEASE LET ME WONDER
DARLIN'
GUESS I'M DUMB
THIS COULD BE THE NIGHT
I LOVE YOU...PartⅠ

[PR]
by jintei_r34 | 2010-09-19 23:27 | j-pop

竹内まりや VARIETY

a0109476_2352283.jpg 山下達郎さんのアルバム"For You"より2年、1984年リリースの"VARIETY"は休業宣言より3年が経過してのアルバムです。前作同様、作詞・作曲を依頼して制作の予定だったらしいのですが、休業中に書きためた作品のクオリティーの高さに、達郎さんは全曲オリジナルで行こうと決めたそうです。
 1曲目の「もう一度」は、まりやさんもベタ褒めのアレンジ。「音圧があって、コーラスアレンジをさせたら、彼の右に出る者は居ません」と言われるとおり、3年間のブランク等、微塵も感じさせないという旦那様の強い気持ちが伝わってくるようです。
 "For You"同様、まりやさんの"VARIETY"もダビングして車でよく聴きました。2曲目の"PLASTIC LOVE"が良いなぁ、歌詞も曲もドライブ向きです。特に雨なんか降っているともう最高なんです。

 収録曲
1. もう一度
2. プラスティック・ラブ
3. 本気でオンリーユー(Let’s Get Married)
4. One Night Stand
5. Broken Heart
6. アンフィシアターの夜
7. とどかぬ想い
8. マージービートで唄わせて
9. 水とあなたと太陽と
10. ふたりはステディ
11. シェットランドに頬をうずめて

[PR]
by jintei_r34 | 2010-06-07 00:19 | j-pop